モルトリーチェ化粧品について  〜皮膚構造&肌機能とモルトリーチェ〜

 開発コンセプト  商品特長  商品設計 肌機能とモルトリーチェ






皮膚の構造は、最上層から、表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。

本来、それぞれの層において、肌を保護し健やかに保つ機能を有しています。

しかし、老化(加齢)・紫外線・外界の刺激・・・その他様々な原因により肌の機能は衰えます。

その結果、肌トラブルや老化現象が表れます。

モルトリーチェ化粧品は、「肌本来の機能=肌が自ら美しくなろうとする力」を
サポートするためのスキンケア化粧品です。

皮膚の構造や機能についてご理解いただいたうえで、
モルトリーチェ化粧品が肌健康のためにどのようにはたらくかご理解いただければ幸いです。











皮脂膜について
皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂(油分)や表皮脂質と
汗腺から分泌される汗(水分)によって構成された天然のクリームで、
グリセライド42%、脂肪酸17%、スクワレン12%、ロウ類25%などにより構成されています。

皮脂膜は、肌の水分蒸発を抑え、うるおいを保つために重要な働きをしています。
また、外界からの刺激や有害物質から肌を守ってくれます。

洗顔によって皮脂膜が除かれたり、皮脂の分泌が少なくなると、
肌の水分は奪われやすくなり、肌は乾燥します。

また、年齢とともに皮脂の生産力(分泌量)は低下していきます。
肌老化の原因も、この皮脂量の減少が大きく影響しています。


皮脂膜とモルトリーチェ化粧品
モルトリーチェでは、「皮脂の不足を化粧品で補おう」
「化粧品は肌に対して自然で馴染みのよいものを」という考えのもと、
皮脂の構成成分に限りなく近い化粧品を目指しました。

モルトリーチェの化粧品ベースは、
オリーブの実からとったスクワラン、ホホバの実からとったホホバ油、
大豆やヤシの実由来の脂肪酸、パームヤシからとったパーム油など
皮脂成分に類似の成分を植物油脂に求め構成されています。
皮脂の構成成分
モルトリーチェ油性成分
 ・脂肪酸系物質
 (グリセライド・脂肪酸)
 ・スクワレン
 ・ロウ類 その他
 ・大豆やヤシの実からとった脂肪酸
 ・パームヤシからとったパーム油
 ・オリーブからとった植物スクワラン
 ・ホホバの実からとったホホバ油

肌を守ってくれる天然のクリーム「皮脂膜」も、洗顔しないで肌に長時間放置すると、
そのうち酸化・変質し、肌トラブルの原因ともなります。

モルトリーチェでは皮脂に限りない化粧品を目指しながらも、
精製に精製を重ね、酸化・変質の原因となる成分を十分に取り除いています。








角質層について
皮膚最上層の角質層というのは、
ターンオーバーによって表皮下部層(基底層)から押し上げられてきた細胞の層で、
肌表面の潤いや透明感に大きな影響を与えたり、
有害物質の皮膚内部への侵入を防ぐなどバリア機能を有しています。

皮膚表面には皮脂膜が存在し、
角質層にはNMFといわれる天然保湿成分と細胞間脂質が存在します。
これらの成分によって皮膚の保湿機能が保たれ、乾燥や肌荒れから守ってくれます。

NMF(天然保湿因子)は、アミノ酸を中心にPCA・乳酸塩・ミネラル・糖類などから構成され、
角質層で水分を含んで保持する重要な機能を有しています。

細胞間脂質はセラミドで代表される脂質で、角質層の細胞と細胞の間に存在します。
セラミドの層と水分の層が交互に規則正しく並ぶ事によって、
皮膚内部の水分が外部に蒸散することを防ぎ、皮膚の保湿機能が保たれています。
また、角質細胞の間を接着して、なめらかな肌を保つ働きもあります。

しかし、過剰な洗顔、加齢(老化)、紫外線、その他外部環境の変化などによって
NMF(天然保湿因子)や細胞間脂質(セラミド)が少なくなると、
角質層の層構造は乱れ、肌の保湿機能は低下していきます。

その結果、肌が乾燥し、かさかさしたり、
ひいては肌の老化、しわの原因にもなってしまいます。


角質層とモルトリーチェ化粧品
ですから、NMF成分や細胞間脂質を化粧品等で補う事は、
肌の老化を防ぐためにはとても大切な事です。

モルトリーチェでは、NMFの構成成分に沿った「10種類のアミノ酸」や
安全性が高い「植物性セラミド」配合することによって角質層の機能をサポートします。

さらに「シーモイスト(紅藻から抽出)」「マリンコラーゲン」といった
肌への相性の良い海由来高保湿成分を配合することによって、
肌の保湿機能やバリア機能の衰えが引き起こす肌老化・トラブルを防ぎます。

また、角質層を健全に保つことで、つややかで滑らかな肌に導きます。














表皮層について
皮膚細胞は、常に増殖して新しい細胞をつくり、
増えた分だけ古い細胞が死んで排除されています。

新しい細胞は、表皮最下層の基底層において、
毛細血管で運ばれた栄養分をもとにつくられます。

基底層でつくられた細胞は皮膚表面に押し上げられ、
角質層にとどまり肌保湿に重要な働きをした後、アカやフケとしてはがれていきます。

ターンオーバー(新陳代謝)と言われるこの肌の生まれ変わりは、
健康な肌では28日周期で行われます。

しかし、ターンオーバーの周期が乱れると、
角質層の働きにも悪影響を与え、古い角質がいつまでも残った状態となり、
肌はしっとり感やなめらかさを失い、硬くなったり、くすみが表れたりします。

また、肌の潤いに不可欠なNMFの主成分アミノ酸も、
ターンオーバーの過程において、細胞内のタンパク質が分解されつくられます。


表皮層とモルトリーチェ化粧品
このように、ターンオーバーが適正に行われることによって、
肌の保湿機能も維持され、健やかで美しい肌が保たれています。

モルトリーチェでは、正常なターンオーバーを維持するために、
細胞修復機能があるとされる「バイオダインTRF」や、
肌細胞に必要な各種ミネラル成分を豊富に含む「オリゴフィココライユ」を配合しています。

さらには「各種アミノ酸」「各種植物エキス」「各種ビタミン」などを配合し、
肌細胞の活性が維持されるよう肌の状態を整えます。
また、「5種類のアルファヒドロキシ酸(マルチフルーツ酸)」を配合することにより、
不要な古い角質を除去し、角質層を健全に保つとともに、肌細胞の再生をサポートします。








真皮層について
真皮は皮膚の本体といえる層で、
外部からの物理的な刺激や衝撃から体を保護するとともに、皮膚の弾力性を守ります。

真皮はコラーゲン(膠原繊維)やエラスチン(弾力繊維)といった
タンパク質でできた線維が網状構造を形成しています。

そして、その間にヒアルロン酸などの高分子系保水成分が存在し、
水分をたっぷり含んだスポンジのような構造で、皮膚の弾力性を支えています。

健康な肌は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などにより、張りと柔軟性に富んでいます。

そしてこれらは、真皮内の繊維芽細胞によってつくり出されます。

なお、真皮層におけるターンオーバーは、その周期は5〜6年と長く、
一旦サイクルが崩れると、その回復が大変難しいと言えます。

老化や紫外線などのダメージにより、
真皮層におけるコラーゲンやエラスチンといった繊維が変性し弾力を失います。

また、ヒアルロン酸も失われ、水分も減少していきますので、さらに弾性を失い、
真皮組織は緩んだ状態となります。

その結果、皮膚にシワやタルミが表れることになります。


真皮層とモルトリーチェ化粧品
ハリのある若々しい肌を保つためには、
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを補給することが必要ですが、
これらの成分は分子量がたいへん大きく、皮膚表面に塗布しても、
表皮層を通り抜けて真皮層まで届くことは考えられません。

真皮層の弾力性を保つためには、
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する
「繊維芽細胞」が活性化されていることが重要です。

真皮層の機能は、加齢や紫外線その他様々な要因により衰えますが、
肌表面の水分不足や角質層の機能低下も真皮層の状態に悪影響を及ぼします。

モルトリーチェでは、「バイオダインTRF」「オリゴフィココライユ」「各種アミノ酸」
「各種植物エキス」「各種ビタミン」など、細胞の活性に必要な各種成分を配合しています。

表皮層の状態を健全に保つことで、真皮層での繊維芽細胞の活性化をサポートします。










 お買物ガイド
(お支払・お届け
・返品交換その他)
 ご注文の手順
 特定商取引法表示

買物カゴの中
【会員用】
買物カゴの中





 モルトリーチェ
のブログはこちら

 現品お試しセット
のご案内

 スキンケア商品
セット割引のご案内




 会員登録ご案内
&お手続きはこちら




 会社概要
 開発コンセプト
 商品特長
 商品設計
 肌機能とモルト
 商品のご紹介
 クレンジング
 洗顔フォーム
 化粧水
 乳液
 美容液
 お得なセット
 現品お試し
 ご使用方法




 商品特長・設計
 商品のご紹介
 お得なセット
 現品お試し




 肌にやさしい
日焼け止め
 マイルドな
ピーリングジェル
 ハイドロキノン
安定化配合C




 肌乾燥を防ぐ
ための保湿対策
 紫外線の悪影響
とその対策
 しみ・そばかす
を防ぐ美白対策
 しわの原因と
その対策




 美容・肌トラブル
の疑問はこちら

 化粧品・商品
の疑問はこちら



 トップページ  会社概要  ご利用規約  プライバシーポリシー
 お買物ガイド
(お支払・お届け・返品交換その他)
 特定商取引法表示  お問合せはこちら
Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.