特集記事:シワの原因と対策

公開中の特集記事


 

しわは肌の老化現象の代表的なものです。多くの方がそ の発生を心配し、悩まれていることと思います。

年齢を重ねるにつれ発生するものとしてあきらめるの か・・・それとも、何か対策を講じることで、しわを防 いだり、消したりすることが可能なのでしょうか。

特に、化粧品を利用したスキンケアによって、しわに対処することができる ものなのか・・・

このページでは、しわの原因と対策についてまとめてみました。



シワも様々 原因と対策も違います

皮膚は3つの層から成り立っています。
肌表面から順に、表皮、真皮、皮下組織です。
表皮は約0.2ミリ、真皮でも2ミリほどという薄さです。

表皮はさらに、角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層に分かれていま す。

皮下組織は脂肪の層ですので、肌の美容と健康という観点からは表皮と真皮 の状態が重要です。




しわの出現には、個人差もありますし、原因も様々で複合的要素が関係して いたりします。

しかし、大きく分けてみると・・・表皮の機能低下によって発生するもの (小じわ)真皮の機能低下によって発生するもの(深いしわ)に分けるこ とができます。

その他にも、急に痩せたりすると、皮下脂肪が急激に減少し、皮膚がたるん だり、ハリがなくったりして、しわができたりします。

また、筋肉の動きによってできるしわもあります。特に表情の豊かな人は、 表情じわとして目もとや口もとにできやすいようです。

なお、ここでは、スキンケアによって対処するしわという観点から、表皮の 機能低下によるしわと真皮の機能低下によるしわについて、その原因と対策 についてお話していきたいと思います。



表皮の機能低下によるしわについて

表皮の機能低下によるしわというのは、日々のスキンケアによってしわの発 生を防いだり、あるいは遅らせたり、また、しわが発生した後でも、早めに 対処すればそれを消すことも可能です。

まず、表皮の機能低下によるしわは、どのようにして発生するのかといいま すと・・・

皮膚の表面は「皮溝(ひこう)」と呼ばれる細かい溝があり、その溝で囲まれ たように「皮丘(ひきゅう)」があります。

そして、皮溝と皮丘によりできた「皮紋」という模様があります。


10代の頃は、この皮紋が細かく均一なので、しわというものはありませ ん。

20代になったくらいから、この皮紋は粗くなりはじめ、そのうち皮溝の深 さが不均一になり、これにある方向性が出てくると、肉眼で見えるしわとい うものになります。

小じわとかちりめんじわなどと言われるのが、このしわです。


小じわの最大の原因は肌の水分不足!


こういった小じわができる最大の原因は、肌の乾燥、さらに言えば表皮の最 上層「角質層」の水分不足にあります。

加齢・紫外線・空気の乾燥・皮膚機能の低下などにより、角質層の水分保持 機能が低下すると、皮膚はかさつき、肌荒れを起こします。

そうなると、皮膚表面は収縮し、皮溝と皮丘の幅が広がり、皮紋が不規則な 網目状となってしまいます。

そのうちに、皮溝が深くなり一定方向に走り出し、これがしわとなって現れ ます。


表皮のしわ(小じわ)対策について


こういったしわへの対処方法としては、肌の乾燥を防ぎ潤いを保つことが最 も重要です。

特に、角質層の状態を健全に保ち、その水分保持機能を維持することが必要 です。



潤い成分補給で肌保湿

角質層の水分が不足し、肌が乾燥するのは、「皮脂膜」「NMF(天然保湿 因子)」「細胞間脂質」といった潤いを守る3要素の不足が大きな原因とな ります。

こういった潤いを守る3要素に代わるものを化粧品によって補充することも シワ対策のひとつと言えます。

皮脂膜の主成分は、脂肪酸・スクワレン・ロウ類などです。NMFの主成分 は10数種類のアミノ酸やPCA-Naなどです。細胞間脂質の主成分はスフィン ゴ脂質・セラミド・コレステロール・脂肪酸などです。

化粧品によって、これらを補うとともに、さらに保湿機能の高い成分を与え ることで、角質層の水分保持力をサポートし、肌の潤いを取り戻すことが必 要です。


適正な新陳代謝

また、このように潤い成分を補充するという保湿対策の他に、表皮の新陳代 謝が適正に行われることも重要です。

角質層というのは、新陳代謝が適正に行われることによって、健全な層構造 が形成され、水分保持機能を有することになるからです。


紫外線に要注意!

それから、表皮の新陳代謝に悪影響を与え、肌の潤いを奪い去るものとし て、紫外線には要注意です。

紫外線は、あらゆる肌老化現象の原因となりますので、日常の生活の中で も、紫外線を極力浴びないようにする工夫が必要です。


小じわを防ぐスキンケア

化粧水で水分をたっぷり補給し、美容液などで水分を保持し、さらに水分が 蒸散しないように乳液やクリームなどでカバーしてください。

また、角質層を傷つけ水分保持機能を低下させないように、正しい洗顔を行 なうことも大切です。

さらに、マッサージによって血行を促進し新陳代謝をサポートしたり、角質 層をケアすることで新陳代謝がスムーズに行われるよう肌の状態を整えるこ ともおすすめします。

化粧品によっては、細胞賦活効果があるとされる成分を配合しているものも あり、これらの成分は肌細胞のはたらきをサポートし、新陳代謝にプラスの 影響を与えることが期待できます。



このように、紫外線をしっかりと防ぎながら、保湿対策を主眼とした日々の スキンケアを規則正しく行うことで、皮溝や皮丘が正常な網目状に整い、い わゆる「小じわ」というものを防ぐことができます。

ただ、こういった小じわであっても、気づいた時には、しわを消し去るには 手遅れとなっていることがあります。

小じわが発生してからあわてるのではなく、早い段階から適切なスキンケア を継続し、小じわ予防に努めることが大切です。



真皮の機能低下によるしわについて

真皮は、線維芽細胞からつくられたコラーゲン線維と、コラーゲン線維を束 ねるエラスチン線維などから構成され、その線維成分の間にヒアルロン酸な どの高保湿成分が存在し、皮膚の弾力性を保持するスポンジ構造を形成して います。

真皮の機能低下によるしわというのは、加齢や紫外線の影響でコラーゲンや エラスチンが減少したり、その構造が崩れたり、これらの成分を作り出す細 胞(線維芽細胞)の活力が衰えたりすることによって、弾力性が失われ、皮 膚が弛緩し出来るしわです。

この真皮の機能低下によるしわは、表皮の機能低下によるしわよりも深く、 また修復が難しいとされています。




コラーゲンなど真皮成分の補給は難しい


コラーゲンやエラスチン、さらにはヒアルロン酸といった成分を補給してあ げれば良いのかもしれませんが、これらの成分の配合された化粧品を外から 塗っても、真皮組織が修復され、シワの解消につながるということはありま せん。

これらの成分は分子量としては巨大ですから、そう簡単に皮膚の中に(真皮 層まで)浸透するというものではないからです。

ただし、水分を保持する能力が非常に高いので、皮膚表面に塗った場合、角 質層に水分を維持し表皮層の乾燥を防ぐという点では大いに効果を発揮しま す。

また、これらの成分を食品として摂取した場合でも、消化吸収の段階でペプ チド、アミノ酸に分解されますので、皮膚の真皮層へコラーゲンなどががそ のまま補給されるということにはなりません。


真皮の機能低下によるしわを防ぐために


化粧品成分が真皮層まで浸透しないということであれば、化粧品によって真 皮機能の改善に直接的にはたらきかけるのは難しいのかもしれません。

しかし、日常のスキンケアや生活習慣の工夫によって、こういった真皮機能 低下によるしわの発生や進行を遅らせることも可能かもしれません。

それでは、真皮の機能低下によるしわについて、どのように対処したらよい のでしょうか。


まずは紫外線対策!

まず、真皮の層構造を変性させ、その弾力性を奪ってしまうものとして、強 い影響を与えているのが紫外線です。

紫外線の中でも、UVAと波長の長いUVBは表皮を通り抜け真皮まで影響を及 ぼします。

こういった波長の長い紫外線は、秋冬でもかなり降り注いでいますし、窓ガ ラスを透過します。サンバーン(炎症)が起きないので、油断しがちですが 要注意です。

こういった紫外線を大量に浴びたり、少量でも継続的に浴び続けたりする と、コラーゲンやエラスチンによって支えられた真皮の線維組織は分断さ れ、その結果、肌のハリや弾力性が失われ、しわが発生します。



ですから、真皮の機能低下によるしわを防ぐには、紫外線を浴びないように することが最も重要です。

外出時は、紫外線から肌を防御するという意味合いからも、ファンデーショ ンは是非つけていただきたいと思いますし、 UV対策用化粧品のご使用もお すすめします。

また、日傘や帽子なども、紫外線を完全に防ぐことはできませんが(乱反射 により)、 利用しないよりは利用した方が紫外線防止効果は断然高いので、 外出時にはこういったものも使用すべきです。


真皮細胞の活力維持

それから、真皮の機能を適正に保ちシワを予防するためには、コラーゲン・ エラスチン・ヒアルロン酸などの生産細胞である線維芽細胞の活力を適正に 保つことも重要です。

細胞が元気であるためには、バランスの良い食事や十分な睡眠など規則正し い生活を続け、身体そのものが健康である必要があります。



化粧品による対策にしても、コラーゲンなどの真皮成分の浸透は難しいた め、線維芽細胞の活力を高めることにより、コラーゲンなど真皮成分の生成 を促進し、真皮の構造が健全に保たれるようにサポートすることが求められ ます。

そのためには、細胞の活性をサポートする成分で、なおかつ真皮まで浸透し その機能を発揮する成分を補給する必要があります。

しかし、理論上、どんな優れた作用のある成分であったとしても、皮膚のバ リア機能を通り抜けて真皮まで到達し、実際にしわの予防や解消に直接的に 寄与することができるかというと、化粧品というレベルでは期待できるもの は少ないかもしれません。

特に、真皮機能の低下によってできてしまったしわを元の状態に戻す(消し 去る)というのは、化粧品ではまず難しいと考えた方が良いでしょう。


とにかく予防が大切

肌細胞の活性に効果が期待される成分があっても、実際に真皮層においてそ の効果を十分に発揮する成分というのは少なく、また、そういった作用の強 い成分というのは皮膚刺激性の問題もあって、日本では一般化粧品にはなか なか利用できないのが現状です。

それに、表皮細胞の新陳代謝と比べ、真皮細胞の新陳代謝はそのサイクルが 長く、数年を要するといわれます。

ですから、真皮の機能低下によるシワを出来てしまってから修復する(消し 去る)というのは、非常に難しいと言えます。


肌表面の保湿も重要

それでは、真皮の機能低下によるしわに対して、化粧品によるスキンケアは 全く効果がないのかというと、そうではありません。

確かに、真皮の機能低下によるしわを出来てしまってから修復するというの は化粧品では難しいと言えます。

しかし、予防という点では、化粧品による肌保湿ケアは一定の効果をもたら します。

肌表面の保湿対策をしっかり行なうことで角質層を健やかに保つことが、表 皮の新陳代謝をスムーズにするとともに、真皮層の状態にも良い影響を与え ることになるからです。



表皮角質層の水分というのは、真皮層から少しずつ補給されています。

角質層の水分が極端に減少すると、それを補うために真皮層からの水分補給 も急ピッチとなってしまいます。

そうすると、真皮層における水分も不足しはじめ、真皮機能も低下してしま います。

肌表面の保湿対策をしっかり行うことが、真皮層の機能低下を防ぎしわの予 防にもつながると言えます。



また、血行を促進し細胞の維持に必要な栄養分が十分に供給されるように、 適度なマッサージを続けることは、肌の新陳代謝や潤いの維持に効果的でし わの防止という点では期待できると考えます。

日頃から、規則正しいスキンケアを行うとともに、日常生活でも紫外線やそ の他の肌健康を害するものを避けることが、真皮の状態を健やかに保ち、し わを予防する、あるいは進行を遅らせるということにつながります。



しわ予防にもおすすめします!
モルトリーチェ化粧品

様々な肌の老化現象やトラブルは、「肌が本来有する機能=肌が自ら美しく なろうとする力」が、加齢・紫外線・乾燥・その他様々な原因により、その はたらきが衰えたために発生します。

モルトリーチェ化粧品は、健やかで美しい素肌を保つために、海と大地の恵 みを活かすことで、「肌が本来有する機能=肌が自ら美しくなろうとする 力」をサポートします。

化粧品に使用する原料については、肌に存在する成分と同じ成分や類似した 成分、肌機能の維持をサポートする成分を自然界に求め厳選のうえ採用して います。

肌本来の機能を引き出すとともに、肌に自然な使用感で馴染みの良い化粧品 です。

しわ対策にも是非おすすめしたいスキンケア化粧品です。




      
    
      
    
    
        

(C) 2003 MOLTOLICE LLC