特集記事:秋の肌状態とお手入れ






暑からず寒からず、秋はとても過ごしやすい季節です。

ただ、暑い夏から寒い冬へと向かう季節の変わり目である秋は、 肌にとっては要注意の時季でもあります。

秋の肌は抵抗力が落ちていて、不安定でデリケートな状態にあります。生活環境の変 化も重なり、秋に肌トラブルで悩まされる人は増えています。

また、肌の変調などを自覚されなくても、そのままの状態でさらに過酷な肌環境が待 っている冬に突入してしまうと、そこで一挙に肌のトラブルや老化現象が表れるとい うことも多々あります。

まず、秋の肌状態は以下の点に注意する必要があります。

 夏の紫外線による肌ダメージを受けた状態
 季節の変わり目で肌が敏感でデリケートな状態
 皮脂などの分泌機能の低下、そして空気が乾燥傾向

肌をとりまく環境では冬が最も過酷なように思われますが、秋も肌にとっては要注意 な季節なのです。



夏の紫外線による肌ダメージが残る秋肌


夏の紫外線の後遺症 〜 色素沈着 〜


ダメージのひとつは、夏の紫外線の影響によるメラニン生成の活発化、そしてそれに 伴うシミ・ソバカスなどの色素沈着です。

肌が健康的な状態であれば、紫外線が少なくなるにつれて、 メラニン生成量は元の状態に戻っていきますし、生成された メラニンも新陳代謝とともに排出されていきます。

ただし、肌の状態が適正でないと、生成されたメラニンがそのまま肌内部に残存し、 シミ・ソバカスなどの色素沈着となってしまいます。


夏の紫外線の後遺症 〜 肌乾燥 〜


ダメージのもうひとつは、夏の紫外線の影響による肌乾燥です。

夏が終わり、9月10月になってくると、肌からツヤや滑らかさが失われたようなカサ カサ感や、肌が厚く硬くなったようなゴワゴワ感を感じることがあります。

これは、紫外線が表皮細胞に悪影響を与えた結果、角質層に機能不全の細胞が多くな り、そのため角質層における保湿機能やバリア機能が低下している状態です。

また、肌のカサカサ感ヤゴワゴワ感を自覚しなくても、夏の紫外線の悪影響は、角質 層の保湿機能やバリア機能を確実に低下させています。

肌トラブルや肌老化現象の発生の可能性がひそんでいるということになります。



【秋の肌状態】
季節の変わり目で敏感・デリケート

秋は、暑い夏から寒い冬へと季節が変わっていく中、体そのものが 外部環境の変化に対応しようとします。体調が一種の緊張状態にあ り、外界の刺激に対して反応しやすくなっている状態です。

また、化学物質の多い現代の生活環境がこういった現象に少なからず影響を与えてお り、秋も春と同様に、アレルギーに悩まされる人が増えています。

肌も、秋になるとカユミやカブレなどのトラブルが発生しやすくなります。化粧品を 変えたわけでもないのに、何故か肌の調子が悪くなることも多々あります。

これは、体調の変化に伴い、肌が外界からの刺激に対して敏感な状態になっているた めです。



【秋の肌状態】
皮脂は減少傾向 空気は乾燥傾向

さらに、秋になると、皮脂の量が減少し、外界からの刺激に対する 防御力が弱まり、肌は乾燥しやすい状態となります。

また、発汗量も減少しますし、空気は冬に向けてどんどん乾燥して いきます。

肌は慢性的に乾燥状態となり、外的な刺激に対してさらに敏感な状態となってしまい ます。

秋になるとカブレや吹き出物などの皮膚トラブルが発生しやすいというのは、こうい った体調変化と肌乾燥に関係しており、皮膚が外界からの異物に反応しやすくなって いるためです。

また、先に述べたように、夏の紫外線でダメージを受けた肌状態であれば、さらにこ ういった肌の変調やトラブルが起こりやすくなってしまいます。



秋が過ぎると、今度はさらに過酷な肌環境といえる冬が待っています。

秋のうちに、夏の肌ダメージをきちんとケアし、健やかな肌状態にしておかないと、 冬になると、さらに肌の老化やトラブルは加速度的に進行していきます。

こうやって考えると、秋のスキンケアというのはたいへん重要だということが分かり ます。



秋のスキンケア
保湿機能・バリア機能を健全に保つ

それでは、秋の肌を健やかに保つためには、どのような点に注意してお手入れをすれ ばよいのでしょうか。

一番のポイントは、肌の保湿機能やバリア機能を正常な状態に戻す、あるいは保つと いうことになります。

本来、皮膚には外的刺激から肌を守るバリア機能や肌の水分が失われないようにする 保水機能があります。

特に重要なのは、皮膚の一番外側のわずか0.02ミリほどの厚さの角質層の状態です。 この角質層が皮膚のバリア機能や保水機能を支えています。

この角質層が何らかの原因により損傷を受けたり機能が低下したりすると、皮膚トラ ブルや肌乾燥が発生しやすい状態となってしまいます。

そして、秋の肌の状態は、夏の紫外線の影響により、この角質層の機能が低下してい る可能性が高いうえに、季節の変わり目で外からの刺激に特に敏感になっているとい うことです。



この角質層の機能が正常な状態というのは、新陳代謝も適正な状態にあるということ につながりますから、夏の間に大量生産されたメラニンの排出にも良い影響を与えま す。結果的に、シミ・ソバカスの防止策にもつながるわけです。

ですから、日々のスキンケアもこの「角質層を健全に保つ」ということに注意する必 要があります。

そのためには、「肌に対する刺激を極力少なくすること」と「角質層の水分を十分に 保ちバリア機能を正常に保つスキンケア」を心がけないといけません。



秋のスキンケア
肌の付着物をきちんとやさしく除去

まず重要なのは、日々のクレンジングや洗顔によって、皮膚表面に付着した様々な刺 激物をきれいに取り除くことです。

刺激物というのは、古い皮脂や汗、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、ある種のアレルギ ーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料など、実に様々です。

こういった皮膚に付着する物質・成分を取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくす ることが大切です。



また、本来であれば剥がれ落ちるべき古い角質が、残存していることがあります。

古い角質が残存していると、肌の保湿機能やバリア機能、さらには新陳代謝に悪影響 を与え、肌は厚く硬くくすんだ状態となってしまいます。

この場合、こういった残存している古い角質は、適度に除去する必要があります。



ただし、洗顔によって皮膚に付着した汚れや刺激物、古い角質を取り除くことは必要 ですが、このときに、洗浄力が強すぎるクレンジング剤や洗顔料を使用したり、肌を 強く擦ったりすると、角質層を傷つけてしまい逆にマイナス効果となってしまいま す。

角質層が傷つくと、角質層の保湿構造やバリア機能が損傷を受けますので、刺激物や 異物が侵入しやすくなります。その結果、肌トラブルが発生しやすくなってしまいま すので、注意が必要です。

保湿対策というと、化粧水・美容液・乳液・クリームなど、いわゆる与えるスキンケ アについては多くの方が高い関心を持っていますが、保湿対策の前提となるのは、肌 本来の保湿機能を守ることです。

そのためには、日々の正しいクレンジングや洗顔こそが肌を健やかに保つための基本 条件ということになります。

肌の不要な付着物はきれいに取り除かないといけない、ただし、その際に肌機能(特 に角質層の機能)を傷付けてはいけない、この相反するようなふたつの事柄を可能と するクレンジングや洗顔が必要となってきます。



秋のスキンケア
肌乾燥を防ぐ十分な保湿対策

正しいクレンジングや洗顔の後は、今度は与えるスキンケア、つまり化粧水・乳液・ クリーム・美容液などにより、肌にたっぷりと水分を与えるとともに、肌の水分が十 分に保持されるよう保湿対策が必要となってきます。

洗顔後の肌は、皮脂が除去され、細胞間脂質やNMF成分など保湿成分も一部流出し ており、健康的な肌であっても、その保湿機能は一時的に低下しています。また外界 の刺激に対しても無防備な状態になっています。

そこで、必要なのが、肌乾燥を守るために、保湿機能の補強というスキンケアです。

「水分補給」「油分塗布」「水分保持」の3ステップで保湿対策を心がけましょう。


水分補給 〜 潤いを与える


洗顔後は皮脂や肌の潤い成分が不足気味です。化粧水などでたっぷりと水分や保湿成 分を補給しましょう。

乾燥気味の肌は角質層の水分が不足し柔軟性が無い状態です。特に秋の肌は、夏の紫 外線の影響により、角質層は保湿機能が低下し、硬くゴワゴワした状態になりがちで す。

化粧水は水分や保湿成分を補給するとともに、皮膚を柔らかくして乳液やクリームな どとなじみやすくしてくれます。

また、洗顔の際にアルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻し、細菌に対して抵抗力のある 正常な肌状態にしてくれます。


油分塗布 〜 潤いのベール


次に、油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)により肌表面に潤いのベールを作 り、水分の蒸散を防ぎましょう。

乳液やクリームは、油分・保湿成分・水分を含み、皮脂膜と同様に肌を守ってくれま す。

皮膚は、皮脂や汗からつくられた皮脂膜によって、肌の潤いを保つとともに、外界の 様々な刺激から守られています。

秋になると、皮脂の分泌量は落ちていきますし、洗顔後はこの皮脂膜が取り除かれた 状態となっています。また、加齢とともにこの皮脂膜の量は少なくなってきます。

乳液やクリームは、この天然の皮脂膜に代わり、人工の皮脂膜として肌を保護すると 同時に、柔軟効果を与えてくれます。


水分保持 〜 潤いをしっかり保つ


さらに、美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切で す。

通常、美容液は、化粧水よりも高保湿成分が配合され、また、乳液やクリームと同等 あるいはそれ以上のエモリエント効果があります。

美容液の使用によって、角質層の保水効果を高め、空気が乾燥しても角質層から水分 を逃がしにくくしてくれます。

化粧水のみ使用した場合と比較すると、保湿機能のある美容液を併用した場合は、肌 の水分量維持率は大きく高まります。

また、美容液は、肌に柔軟性を与えるともに、肌を滑らかにする効果もありますの で、化粧ののりも良くなります。

通常美容液を使用されてない方も、秋から冬の肌に対しては、化粧水とあわせて美容 液も使用されますようおすすめします。


その他 秋の肌におすすめのスキンケア


肌乾燥を防ぎ健やかな肌状態を保つためには、肌細胞の再生、つまり新陳代謝が適正 に行われていることが重要です。

新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズに行われることによって、肌表面では細胞間 脂質やNMF成分が十分に存在する角質層が構成されます。

適度なマッサージは、肌の新陳代謝をサポートし、肌保湿にもプラスの影響を与えま す。



その他、スキンケア化粧品には、高い保湿機能やエモリエント機能以外にも、様々な 美容効果を兼ね備えたものがあります。

例えば、肌細胞の活性に必要な成分が配合された化粧品は、新陳代謝をサポートする 効果が期待されます。

角質剥離作用のある化粧品は、不要となった古い角質をスムーズに除去し、肌のくす みやザラツキの解消に役立ち、新陳代謝にも好影響を与えます。

また、いわゆる美白化粧品と言われるものは、夏の紫外線の影響で活性化されたメラ ニン生成を抑えたり、生成されてしまったメラニンを還元作用により薄くしたりし て、シミ・ソバカスなど色素沈着を防ぐことが期待されます。



このように、目的に応じて様々なスキンケア化粧品があり、肌の状態に応じて日々の スキンケアに導入していくことも必要なことかとかと思います。

ただし、こういった化粧品の効果を肌において引き出すためにも、まずは、肌(特に 角質層)の保湿機能・バリア機能が健全な状態であるということが重要です。



秋のスキンケア
秋も紫外線対策は忘れずに

秋になると紫外線の量は少しずつ減少してくるのですが、それでもある程度の量の紫 外線は確実に降り注いでいます。

日差しが弱くなったり、気温が低くなったりすると、紫外線がかなり減ってきている ような印象を与えますが、紫外線は可視光線ではありませんし(目に見えません)、 また、熱を感じさせるのは紫外線ではなく赤外線の効果です。

つまり、秋になっても、私たちが感じるほどは紫外線の量は減っていないということ です。

特に、紫外線でもUVAは1年間通じて、かなりの量が降り注いでいます。

UVAはUVBのように、肌に赤い炎症を起こすようなことはありませんが、窓ガラ スを透過しますし、真皮層まで届いてしまいますので、肌に様々な悪影響を与えま す。

秋になっても、紫外線対策は引き続き継続されますようおすすめします。



トップページ  商品特長・商品設計他  商品一覧  ご使用方法
会員様専用ページ  会員登録のご案内  メルマガ配信・停止
ブログ記事一覧(美容・化粧品の疑問)  美肌対策 特集記事
お買物ガイド(お支払・お届け・返品交換他)  特定商取引法表記
会社概要  ご利用規約  プライバシーポリシー  お問合せはこちら

(C) 2003 MOLTOLICE LLC