【特集記事】肌の大敵紫外線の悪影響と対策

 美肌を保つために大切な事項について、対策やお手入れのポイントなどご案内しています。
 春の肌とお手入れ  秋の肌とお手入れ  冬の肌とお手入れ
 紫外線の悪影響と対策  美白対策  しわの原因と対策
 肌老化の要因「肌乾燥」を防ぐために 肌乾燥を防ぐ保湿対策
 はじめに  皮脂膜
の重要性
 細胞間脂質
とNMF成分
 保湿対策
基本は洗顔
 新陳代謝
と肌保湿



日焼けした小麦色の肌が健康的といわれたのは昔の話です。
今では、日焼け=紫外線を浴び続けることは、
百害あって一利なしとまで言われるようになりました。

確かに太陽の光を受けるのは気持ちの良いものですが、
太陽光には紫外線という皮膚や人体に悪影響を与えるものがあり、
それを浴び続けると、後でとりかえしのつかないことになってしまいます。

このページでは、太陽光と紫外線、紫外線の悪影響とその対処方法についてご案内いたします。

紫外線について理解し、健康的な肌を保つための参考にしていただければと思います。

太陽光と紫外線についての基礎知識

一口に太陽光といっても、実際には様々な波長の光が集まっています。

目に見える光(可視光線)もあれば、
目に見えない光(紫外線・赤外線)もあります。

地表に届く太陽光線のエネルギーの割合は
赤外線が約42%、可視光線が約52%、紫外線は6%ほどですが、
太陽光線は波長が短いほど強いエネルギーをもちますので、
人体に与える影響が大きいのは紫外線と言えます。

紫外線は、波長の長さによって、さらに「UVA」「UVB」「UVC」に分けられます。
太陽から地表に届く紫外線の多くはUVAです。
UVCはオゾン層に吸収され、地表にはほとんど届きません。

私達が注意しないといけないのは、UVAとUVBということになります。
UVBは地表に届く割合は少ないのですが、
人間の皮膚に与える影響はたいへん大きいので、特に注意が必要です。


UVAについて

人体に及ぼす悪影響はUVBの100分の1〜1000分の1と言われていますが、
窓ガラスを透過しますので、室内や車内にいても届いてしまいます。
また、曇りの日でも量は変わりません。

UVAによる日焼けは、サンバーン(炎症)が起きずに黒化していきますので、
身体にやさしいと思う人も多いようですが、
UVAは真皮層まで達し、肌の弾力性を支えているコラーゲン繊維を破壊します。

その結果、肌は弾力性を失い、タルミやシワの原因となります。

※サンケア化粧品に表示されている「PA」はUVA防止効果の程度を「記号」で表したもので、
日本化粧品工業連合会がその測定法の基準を定めました。
PAはその効果を実感しにくく、長期的な悪影響を数値にするのが難しいため、SPFのように数値化されていません。

UVBについて

UVBは、以前から人体にとって危険な紫外線と言われていますが、
近年のオゾン層の破壊により、その量は増加傾向にあります。

窓ガラスにほとんど吸収されますので、室内には入りにくいと言えます。
曇りの日は量が3分の1に減少します。

肌にあたると、サンバーン(炎症)を起こし、ひどい場合は水ぶくれを起こすことがあります。
サンバーンの後、サンタン(皮膚の黒化)と肌荒れが起こります。

UVBは表皮の最下層である基底層にまで達します。
波長の長いUVBは、更に奥の真皮層にまで達します。

基底層では表皮細胞が生産されますので、UVBによって細胞が損傷を受けると肌老化、
さらには皮膚ガンの原因となることがあります。

皮膚の免疫力も抑えてしまいますので、
ウィルスやカビなどによる感染症にもかかりやすくなってしまいます。

※サンケア化粧品に表示されている「SPF」はUVB防止効果の程度を「数値」で表したもので、
日本化粧品工業連合会がその測定方法の基準を定めました。
SPFは2から50までの数値で表されますが、表示する数値には上限があり、「50+」が最高です。

UVCについて

オゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上にはほとんど到達しません。

ただし、最も危険で殺菌光線と呼ばれており、
免疫力の低下や皮膚ガン、白内障を引き起こします。

シミ・ソバカスだけじゃない!紫外線の悪影響いろいろ

紫外線の悪影響というと、「メラニン色素の増加」、
それに伴う「シミ・ソバカスの増加」ということが広く知られています。

これは、表皮基底層にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出すことで
刺激の強い紫外線が皮膚内部に侵入しないようにしているわけです。

いわば、皮膚の紫外線に対する防御システムですので、
これ自体は私達の皮膚や体にとって必要なことと言えます。

ですから、通常(健康的な肌)であれば、メラニン色素がつくり出されても、
新陳代謝によって皮膚表面に押し上げられていき、
そのうちに古くなった角質とともに剥がれ落ちていきます。

しかし、加齢その他の原因によって肌機能が低下してきたり、
過度の日焼けや、少量の紫外線でも浴び続けていると、様々な悪影響をもたらします。

また、紫外線は、シミ・ソバカスあるいは肌の黒化以外にも、
様々な悪影響を私たちの肌にもたらします。
紫外線は肌老化の最大の要因とまでいわれます。

ここでは、紫外線が肌にもたらす様々な悪影響についてとりあげてみます。

《 紫外線の悪影響 》シミ・ソバカス・色素沈着の原因に

まず、紫外線の悪影響から肌を守るための防御反応として、
表皮基底層のメラノサイトがメラニン色素を増やします。

健康的な肌であれば、新陳代謝により排出されるはずのメラニン色素ですが、
場合によっては肌内部に残存し、肌の黒化、シミ・ソバカスの原因となってしまいます。

過度の日焼けは、メラノサイトのはたらきを活性化し、
恒常的にメラニン色素をつくり出すことにもなってしまいます。

《 紫外線の悪影響 》保湿機能を低下させ肌トラブルの原因に

紫外線は、皮脂膜・細胞間脂質・NMF成分のはたらきを弱め、
肌の保湿機能やバリア機能を低下させます。

肌は潤いを失いカサついた状態となります。
肌荒れなど様々なトラブルが発生しやすくなり、肌老化を進行させてしまいます。

《 紫外線の悪影響 》新陳代謝を乱れさせ肌老化を進行させる

紫外線は表皮細胞を傷付け、肌細胞の再生(新陳代謝)に乱れを生じさせます。

その結果、排出されるメラニン色素が肌内部に残存し、シミ・ソバカス・色素沈着となります。

また、新陳代謝の乱れは、表皮角質層の保湿機能やバリア機能にも悪影響を与え、
肌の保湿力の低下や肌のトラブル・老化を進行させます。

《 紫外線の悪影響 》真皮構造を変性させシワ・タルミの原因に

紫外線のうちUVAと波長の長いUVBは、表皮を通り抜け真皮まで影響を及ぼします。

その結果、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などに支えられた
真皮の層構造に損傷を与えます。

真皮の層構造が変性すると、肌は弾力性を失い、シワやタルミが発生します。

《 紫外線の悪影響 》活性酸素を発生させ肌老化を進行させる

紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、
皮膚に存在する脂質を酸化させて過酸化脂質へと変えていきます。

過酸化脂質は、細胞の機能を低下させ、様々な肌老化の原因となってしまいます。

メラニンの生成も一種の酸化作用であり、活性酸素の大量発生は、
メラニンの増加にも関与しているとも言われます。

《 紫外線の悪影響 》遺伝子を傷付け皮膚ガンなどの原因に

紫外線は、細胞の遺伝子(DNA)を傷つけます。

通常は、遺伝子の傷は自然と修復されていきますが、
大量の紫外線を浴びてしまうと、その分多くの遺伝子が傷つき、
間違った修復(突然変異)がおこる可能性が高まります。
これが、皮膚ガンへとつながります。

免疫力も低下させますので、できたガン細胞を排除する機能も弱まり、
感染症にもかかりやすくなります。

紫外線によるシミ・ソバカス・色素沈着、肌老化を防ぐために

このように見てくると、まさに紫外線こそ肌の大敵といえます。

ずっと以前は、紫外線によるビタミンDの生成作用から、
日光浴が推奨されたこともありましたが、
日常生活で少なからず紫外線を浴びてしまいますし、
ビタミンDは通常の食生活によって十分摂取できることが現在は分かっています。

わざわざ(積極的に)太陽光にあたる必要はありません。

そう考えると、若々しく健やかな肌を保つためには、
一切紫外線を浴びないというのが良いのかもしれませんが、
そのような生活など不可能に近いことです。

ここは、日常生活の中で紫外線をなるべく浴びないように工夫したり、
紫外線対策用の化粧品を上手く利用することで
対処することが重要になってきます。

紫外線対策には、様々な方法が考えられますが、
ここではスキンケアを中心に紫外線対策について考えてみることにします。

《 紫外線対策 》紫外線から肌を防御する(肌表面で紫外線の侵入を防ぐ)

まずは、紫外線の攻撃から肌を守るために、
紫外線が肌内部に浸透しないように防御することが重要になってきます。

よく言われる例として、紫外線を遮るものが無い顔や手などの皮膚と、
常に衣服などで紫外線が遮られている箇所(お尻など)の皮膚と比較すると、
その違いがよく分かると思います。

最近では夏場でも運転中など手袋を使用している女性もいらっしゃいますが、
顔の場合は帽子や日傘などを使用しても、どうしても紫外線を浴びてしまいます。

そこで、必要となってくるのが、紫外線防止効果のある化粧品です。
紫外線散乱剤や紫外線吸収剤の入ったファンデーション、下地クリーム、乳液などです。

ただ、紫外線吸収剤については、肌への悪影響も考えられます。
紫外線散乱剤によって紫外線の肌内部へ浸透を極力防ぐことをおすすめします。

《 紫外線対策 》新陳代謝の促進(メラニン排出、肌の再生をサポート)

紫外線の影響で生成されたメラニン色素は、
いつまでも皮膚内部にとどまっているわけではありません。

メラニン色素は表皮基底層のメラノサイトにおいて生成されますが、
健全な肌であれば新陳代謝によって徐々に肌表面(角質層)へ押し上げられ、
やがて古い角質細胞とともに剥がれ落ちていきます。
ですから、新陳代謝のサイクルを正常に保つようなお手入が重要になります。

肌の新陳代謝をサポートするお手入としては、マッサージによる血行促進が効果的です。

また、古い角質が必要以上に肌表面に残存している場合は、新陳代謝に悪影響を及ぼしますので、
パックやピーリング用化粧品などで角質ケアをすることもおすすめです。

ただし、海や山などでの日焼けで肌が炎症を起こしている場合は、
マッサージやピーリングなどは控えてください。
肌が落ち着いてから行なうようにしましょう。

《 紫外線対策 》日焼け前も日焼け後も 日焼け対策の基本は保湿対策

紫外線によって日焼けした肌は、
皮脂膜・NMF・細胞間脂質のはたらきが弱まり、保湿機能が著しく低下しています。

同時に、バリア機能も低下していますので、肌は乾燥状態となり、
様々なトラブルが発生しやすい状態となっています。

日焼けした肌をケアするために、あるいは日焼けによる肌への悪影響を少なくするためにも、
肌の潤いを十分に保つよう保湿対策がたいへん重要となってきます。

化粧水や美容液などには、保湿成分に加え、炎症を鎮める成分などが含まることも多いので、
日焼け後はこういった化粧品によってきちんとケアすることが大切です。

《 紫外線対策 》生成されたメラニン色素の還元

メラニン色素は、表皮基底層のメラノサイトという色素細胞において生成されます。
このメラニンの生成というのは、一種の酸化作用でもあります。

酸化を防いだり、酸化したものを還元したりするものとして、有名なのがビタミンCです。

ただし、ビタミンCは成分として不安定で化粧品に配合した場合、
肌へ浸透してその効果を発揮するということはあまり期待できません。

そこで、ビタミンCの作用を肌内部で発揮させるために、
ビタミンC誘導体を利用することとなります。

《 紫外線対策 》メラニン色素の生成過程でメラニン色素の生成を抑制

メラニン色素は、表皮基底層のメラノサイトという色素細胞において、
チロシナーゼと呼ばれる酵素のはたらきにより、
チロシンというアミノ酸を原料として生成されます。

紫外線の影響によってチロシナーゼのはたらきが活発になると、
メラニン色素を過剰に生成してしまいますので、
これがシミ・ソバカスの発生につながってしまいます。

そこで、シミ・ソバカスを防ぐ方法として、チロシナーゼのはたらきを弱めて、
メラニン色素が過剰に生成されないようにしようということも必要となってきます。

こういったチロシナーゼのはたらきを抑制する成分としては、
アルブチン、コウジ酸、ハイドロキノン、植物エキスではソウハクヒエキスなどいろいろあります。

《 紫外線対策 》その他(紫外線によるダメージを抑制するために)

紫外線を浴びると、肌細胞が損傷を受けることや、
活性酸素を発生させ老化を促進してしまうことなどは、すでにお話してきました。

現在、肌細胞を健全に維持しその活性を助けるという成分や、
活性酸素による過酸化を防ぐとされる成分もあり、
こういった成分を配合した化粧品も多数存在します。

このような化粧品をスキンケアに取り入れることによって、
紫外線による肌細胞のダメージを少しでもやわらげるというのも対策のひとつです。




 トップページ  モルトリーチェ化粧品の特長・商品設計  商品のご紹介
 ブログ記事一覧(美容・化粧品の疑問)  商品のご使用方法  会員様専用ページ
 ブログ「MOLTOLICE ダイアリー」  美肌対策 特集記事  会員登録のご案内
 お買物ガイド(お支払・お届け・返品交換その他)  特定商取引法表示  メルマガ配信・停止
 会社概要  ご利用規約  プライバシーポリシー  お問合せはこちら

Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.