モルトリーチェ 化粧品ベース成分について




肌本来の機能を引き出し、若々しく健やかな肌を保ち続けるために、
肌に対して自然な使用感で馴染みの良い化粧品を目指しました。

そして、こだわったのが化粧品のベース成分です。

化粧品の基本性能とも言える化粧品ベースへのこだわりこそが、
モルトリーチェ化粧品の最大の特徴かもしれません。

化粧品ベースの重要性について

化粧品は様々な原料・成分によりつくられていますが、
大まかに言うと、化粧品ベースが70%〜90%を占め、
そこに各種の美容成分やその他の成分が加わって製造されます。

効き目のありそうな美容成分の配合も大切ですが、
化粧品の基本性能と言えるベース成分もたいへん重要です。

肌への馴染みの良さや使用感、肌の潤い保持、保護作用、
さらには皮膚刺激性などは、化粧品ベースによって変わります。

化粧品ベースは、基本的には、水と油そして界面活性剤によって構成されます。

化粧水であればそのほとんどは水分ということになりますし、
乳液やクリームなどは、水分と油分、そしてそれを混ぜ合わせるための界面活性剤で構成されます。

肌に対して自然な使用感で馴染みの良い化粧品ベース

様々な保湿成分や美容成分を配合したモルトリーチェ化粧品ですが、
最大の特長はその化粧品ベース成分にあると言っても過言でないかもしれません。

モルトリーチェ化粧品は、
「肌が自ら美しくなろうとする力=肌本来の健康機能」の維持を目的としています。

そのためには、肌にとって自然で馴染みが良く、
肌本来の機能(保湿機能・バリア機能・肌再生など)をサポートする化粧品でなければなりません。

モルトリーチェの化粧品ベースは、こういった考えに基づき、
肌成分に類似の成分を中心に構成され、その原料・素材は海と大地の恵みに求めています。

肌成分類似&植物由来の油性原料

モルトリーチェ化粧品の油性成分は、肌に優しく自然な化粧品であるべきという考えのもと、
全て植物由来の油脂成分により構成されており、鉱物油(石油系の油)は使用されておりません。

これは、私たちの肌表面に存在する皮脂の構成成分に限りなく近い化粧品を目指したためです。

健康な肌の表面には、皮脂や汗によって構成された天然のクリーム「皮脂膜」が存在し、
乾燥や外界の刺激から肌を守っています。

しかし、加齢とともに皮脂の分泌が減少したり、洗顔などでこの天然のクリームが除かれたりすると、
肌は乾燥しやすくなり、トラブルも発生しやすくなります。

皮脂の不足が肌老化の大きな原因のひとつなのです。

モルトリーチェでは、皮脂の不足を補うために、また、肌に優しく馴染みの良い化粧品であるために、
皮脂成分に類似した成分を自然界に求め採用しました。

▼ 皮脂の構成成分 ▼ モルトリーチェ油性成分
 ・脂肪酸系物質
 (グリセライド・脂肪酸)
 ・スクワレン
 ・ロウ類 その他
 ・大豆やヤシの実からとった脂肪酸
 ・パームヤシからとったパーム油
 ・オリーブからとった植物スクワラン
 ・ホホバの実からとったホホバ油


なお、皮脂は肌を保護し乾燥から守るためにたいへん重要なはたらきをしますが、
時間の経過とともに、酸化・変質してしまいます。
モルトリーチェでは、精製に精製を重ね、
皮脂の欠点と言える酸化や変質の原因物質を除去しています。

化粧品製造にアルカリイオン水を使用

モルトリーチェ化粧品に使われている水は、
より酸化の可能性の低いと考えられるアルカリイオン水です。
アルルカリイオン水というのはアルカリ性のミネラル成分を多く含み還元作用があると言われます。

私達の肌の表面は環境の影響を受けて過酸化状態になりがちで、
それが肌老化の原因のひとつとも言われます。
また、化粧品成分そのものも酸化の可能性は否定できません。

こういった過酸化によるマイナス要素を少しでも緩和できればと考え、
モルトリーチェ全製品においてアルカリイオン水を使用しています。

肌にマイルドな乳化剤(界面活性剤)を使用

界面活性剤は、化粧品造りには不可欠です。
界面活性剤がなければ、水分と油分を混ぜ合わせる乳液やクリームといった
乳化物(エマルジョン)を造ることができません。
また、洗浄効果を与えることができませんし、
美容成分を化粧品ベースに溶かし込むことも難しくなってきます。

しかし、界面活性剤の中には、肌に対して刺激を与えたり、
肌トラブルの原因となったりするものもあります。

安定した高品質な化粧品を造る以上、界面活性剤は必要ですが、
肌への刺激は極力抑えた安全性の高いものでないといけません。

また、モルトリーチェでは、肌成分に類似した原料、
あるいは肌に自然で馴染みの良い原料を使用したいという考えから
海と大地の恵みを活用した化粧品造りに取り組んでいます。

モルトリーチェが選んだ界面活性剤は、
低刺激な大豆など植物由来の脂肪酸系の界面活性剤や、
安全性の高いアミノ酸系界面活性剤や、天然の界面活性剤とも呼べるレシチンなどです。

安全性に配慮しながら、界面活性剤としてのはたらきを十分に持つものとして、
これらの数種の界面活性剤を併用しています。




Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.