モルトリーチェ化粧品 主要配合成分のご紹介


マルチフルーツ酸は、ビルベリー、オレンジ、レモン、サトウキビ、サトウカエデといった5種類の果実・ 植物から得られた混合果実酸です。

その成分は乳酸、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸といった数種類のアルファヒドロキシ酸(A HA)で構成されます。


アルファヒドロキシ酸は、高い保湿力を有するとともに、皮膚表面の不要な古い角質の結合を弱め、早めに 脱落させてくれます。

そして、表皮における皮膚細胞の再生(角化)をスムーズにし、滑らかで透明感に満ちた、若々しい肌へと 導きます。

特に、乳酸は角質に浸透し、乾燥し硬くなった皮膚を和らげてくれます。

また、グリコール酸は皮膚の角質溶解・柔軟作用とともに、コラーゲン、エラスチンをつくりだす繊維芽細 胞を増殖させ、真皮組織を再生してくれる作用があるとも言われます。

クエン酸や酒石酸には収れん作用や微生物の発生を抑える作用がありますし、リンゴ酸にも角質柔軟作用が あります。

マルチフルーツ酸は、これらの天然由来のアルファヒドロキシ酸を組合せ、その相乗効果により、大きな効 果をもたらすよう開発された化粧品原料です。


※なお、アルファヒドロキシ酸(AHA)は、その角質剥離効果からピーリングなどに利用されますが、モルトリーチェでは通常 のお手入にご使用いただけますよう、その濃度は適度に抑え、皮膚への刺激が無いように配慮しています。




Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.