究極の美白成分と言われながらも、皮膚への刺激が強く、
成分的に不安定で劣化しやすかった「ハイドロキノン」を、
スーパーナノカプセル化することで安定化に成功しました。

これにより、皮膚への浸透力・吸収力が向上。
ハイドロキノン濃度を抑えても、
そのはたらきを十分に発揮できるようになりました。

ホワイト・セラムHQは、
ハイドロキノンの強力な美白作用をそのままに、
ナノカプセル技術を応用することで、
成分の不安定さの問題と肌への安全性の問題を解決した
全く新しい美白対策のための化粧品です。

※以前販売していたホワイト・セラムHQは容量10gでしたが、現在販売中のホワイト・セラムHQの容量は12gです。
容量増加に伴いましてキャップ等容器の形状が従来品(商品写真)と若干異なりますが、
中のクリームについては内容成分等は従来品と一切変更はございません。





 商品のご注文は ≪商品一覧ページ≫ からも行なえます。
 会員様のご注文は ≪会員様専用ページ≫ からお願いいたします。
〜 会員割引 & ポイント還元! ポイントご利用もOK 〜



▼ ホワイト・セラムHQ単品でのご購入はこちら
商品コード:20002  商品名:ネ オ ラ ホワイト・セラムHQ  容量:12g
販売価格:税込4,536円(本体価格4,200円)


▼ ホワイト・セラムHQとのセットでのご購入はこちら
商品コード:20003  商品名:ネ オ ラ クリア・ピールジェル&ホワイト・セラムHQセット
容量:クリア・ピールジェル100g ホワイト・セラムHQ12g
販売価格:2点合計税込7,560円(本体7,000円)を
セット割引価格:税込7,020円(本体6,500円)でご提供

セット

5,000円以上の商品ご注文で、送料・代引手数料が無料!
(ただし、北海道・沖縄など一部地域へのお届けは除きます)
 送料・お支払方法・返品交換などの詳細はこちら≪お買物ガイド≫
 ご注文方法〜商品お届けの流れはこちら≪ご注文の手順≫
 無料会員登録でお得なお買物!≪会員制度≫のご案内はこちら



当ページでは、安定化ハイドロキノン配合クリーム「ホワイト・セラムHQ」を紹介しております。
「クリア・ピールジェル」については  クリア・ピールジェルご紹介ページ をご覧ください。








当ページでは、安定化ハイドロキノン配合クリーム「ホワイト・セラムHQ」を紹介しております。
「クリア・ピールジェル」については  クリア・ピールジェルご紹介ページ をご覧ください。












なかなか消えないシミを目立たなくしたい!透き通るような白い肌になりたい!

これは、すべての日本女性の願いです。

これまで、多くの化粧品会社から様々な美白化粧品が発売されてきましたが、
その効果に満足した人はあまり多くないかもしれません。

これは、古い規制の枠の中で化粧品が造られていたためと言えます。

化粧品は医薬品と異なり、
ある特定の症状に対して極端な効果のある成分を使用することはできません。

しかし、近年の規制緩和によって、
一部ではありますが、本当に効果のあるものを配合できるようになりました。

それが、究極の美白剤といわれるハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、その強力な美白効果ゆえの扱い難さから、
日本では医師の処方箋にもとづいてしか使用できませんでした。

さらに、ハイドロキノンは、それ自体が変質し易く
とても不安定な成分のため、化粧品への配合が困難でした。

ホワイト・セラムHQは、ハイドロキノンの強力な美白作用をそのままに、
ナノカプセル技術を応用することで、
成分の不安定さの問題と安全性の問題を解決した全く新しい美白化粧品です。





ハイドロキノンは、あのマイケル・ジャクソンが使用しているという噂で注目され、
今や欧米では「肌の漂白成分」とも呼ばれています。

強力な美白作用を持っているハイドロキノンですが、
天然にも存在し、イチゴ類、コーヒー、紅茶、などに微量含まれています。

シミ・ソバカス・色素沈着などは、紫外線などの影響により、
メラニン色素が過剰に生成され、それが肌内部に残存したことにより現れます。

メラニン色素は、メラノサイトという色素細胞において、
チロシナーゼという酵素のはたらきにより生成されます。

ハイドロキノンは、このメラニン色素の生成に深く関与する
酵素チロシナーゼの働きを抑える成分です。

さらに、過剰に増加してしまったメラニン色素も、
還元作用により分解するはたらきもあり、最強の美白剤といえます。

これまで、美白成分として、ビタミンC、アルブチン、コウジ酸などが有名ですが、
ハイドロキノンのチロシナーゼ抑制効果は格段に優れていると言われています。





ハイドロキノンは、米国では、もともと2%程度の配合で化粧品として販売されています。

日本では平成13年の薬事法改正に伴い、化粧品成分として認められ、
化粧品に配合できるようになりました。

2%以下のハイドキノン配合では刺激も少なく安全と言われていますが、
短期間の美白効果を実感するのは難しいかもしれません。

病院等で医師が処方する場合、
4〜10%を配合し、治療薬として用いられています。

なお、ハイドロキノンは、不安定な成分ですので、
皮膚科病院では、通常は必要量を調合して渡します。

通常の配合方法では、時間経過とともに、無色〜ピンク〜黄色・褐色になります。

また、ハイドロキノンの多量使用は、肌への刺激となる場合があります。

特に4%以上の使用になると、その可能性が高まると言われています。





ホワイト・セラムHQは、
不安定で変質および劣化しやすかったハイドロキノンを
スーパーナノカプセル化することで、安定化に成功しました。

これにより、皮膚への浸透・吸収力がアップし、
ハイドロキノン濃度を抑えても、
その美白効果を十分に発揮できるようになりました。

ハイドロキノン濃度が低い分、肌への刺激が緩和されます。

また、ナノカプセル化(ハイドロキノンをナノカプセルに包んだ状態)により、
ハイドロキノンが、皮膚への直の接触を回避しながら、深部へ浸透することができます。













ハイドロキノンは、その効果の強さから、多量の配合は刺激となる場合があります。

安全でありたい、しかし効果は求めたい。

それを実現したのがリポソームナノカプセル化技術です。

リポソームは、水の層と油の層が何層にも重なった
タマネギのような構造の脂質ナノカプセルです。

このカプセルにハイドロキノンを封入しました。

これにより、空気に触れると変化しやすいハイドロキノンを
安定した状態で配合することができました。

また、ハイドロキノンが皮膚に直に接触することなく、深部へ浸透することができます。






さらに、リポソームの膜は、表皮角質層の脂質と似た構造のため、
皮膚組織へのなじみが非常によく、
肌の奥の届かせたい場所へ有効成分を送ることができます。

これにより、過剰に成分を配合することなく、高い効果を発揮することができます。

多量に使用すると刺激がるとされるハイドロキノンであっても、
刺激を最小限に抑えながら、その効果を発揮することに成功しました。

ホワイト・セラムHQのハイドロキノン濃度は、肌への刺激を抑えた1.9%ほどですが、 
スーパーナノカプセル化したことにより、
肌への安全性を保ちながらも、その成分効果を期待することができます。









ハイドロキノン

メラノサイトにおけるチロシナーゼ酵素の活性を阻害し、メラニン色素の生成を抑えます。
また、できてしまったメラニン色素を還元する作用があります。
(上記説明文をご参照ください)


カンゾウ根エキス

甘草の根および根茎から得たエキス。
グリチルリチンを含み、抗アレルギー、抗炎症作用、
刺激緩和、消炎作用により化粧品に用いられる。

またカンゾウに含まれるグラブリジンにも美白効果のあることが見出されています。


酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。血行促進作用により、
肌荒れ、日焼けによるシミやソバカスを防ぎます。


アスコルビン酸

アスコルビン酸はビタミCのことです。
強い抗酸化作用があり、メラニンの生成を阻害するとともに、
酸化によって生成されたメラニンを還元する作用があることから、
美白化粧品に使われます。
また、コラーゲン生成や皮膚細胞活性化にも効果的とされます。

ホワイト・セラムHQでは、ハイドロキノンの効果を発揮するために
レチノール(ビタミンA)とアスコルビン酸(ビタミンC)を配合しました。
ハイドロキノンの効果をより発揮させるには、
ビタミンA・ビタミンCとの併用が有効とされるためです。


パルミチン酸レチノール

レチノール(ビタミンA)の誘導体で、
レチノール(ビタミンA)を安定化させより浸透しやすくしたものです。

皮膚の保護作用、表皮新陳代謝促進作用、真皮細胞の活性化作用などがあり、
加齢によるシワやたるみ対策に、エイジングケア化粧品などに配合されます。

また、にきびの治療のため医薬品に用いられることもあり、
化粧品においてもにきび予防目的で配合されることもあります。

ホワイト・セラムHQでは、レチノールのこういった作用により肌老化を防ぐとともに、
ハイドロキノンの効果を十分に発揮する目的で配合しています。
ハイドロキノンの効果を発揮するためには、
ビタミンA・ビタミンCとの併用が有効といわれます。



【ホワイト・セラムHQ全成分表示】

◆水◆BG◆トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル◆サフラワー油◆ステアリン酸PEG-40
◆ステアリン酸グリセリル◆ジメチコン◆セテアリルアルコール◆ハイドロキノン◆セタノール
◆ステアリルアルコール◆ポリソルベート60◆カンゾウ根エキス◆酢酸トコフェロール
◆パルミチン酸レチノール◆リノール酸◆ピロ亜硫酸Na◆アスコルビン酸
◆ジステアリン酸PEG-12グリセリル◆ステアリン酸PEG-100◆デヒドロ酢酸◆ベンジルアルコール
◆(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー◆プロビルパラベン◆メチルパラベン





1.通常のお手入れ(化粧水・乳液・美容液)の最後に、
適量をシミ・ソバカスなどが気になる部分に、
薄く伸ばすようにご使用ください。

2.弊社では、夜おやすみ前のご使用をおすすめしています。

3.美白対策のためには、
保湿対策をはじめ、肌を健やかに保つための
日常のスキンケアも併行して行われますようおすすめします。

4.クリア・ピールジェルを使用されますと、
老朽化した古い角質が除去され、肌に透明感が得られ、
美白対策の点で相乗効果が期待できます。

5.お肌に異常があるときやお肌に合わないときは、ご使用をお止めください。
また、目に入った時はただちに洗い流してください。


※ホワイト・セラムHQ配合のハイドロキノンは濃度1.9%で、
さらにナノカプセル化により安定化させているため、
通常のハイドロキノンのような紫外線等の影響は受けにくいとはいえ、
その可能性を完全に否定することもできません。

つきましては、ホワイト・セラムHQのご使用は、夜おやすみ前のご使用とお考えください。



ホワイト・セラムHQの保管について


従来のハイドロキノンは、劣化・変質・変色しやすかったため、
化粧品配合(濃度4%以上)の場合は
25度以下(冷蔵庫など)での保管など必要とされていました。

ホワイト・セラムHQの場合は、ハイドロキノン濃度が1.9%で、
さらにナノカプセル化により安定化させていることもあり、
従来のハイドロキノン配合化粧品ほどの心配は必要ないかと考えます。

ただ、どのような化粧品も同じですが、
高温多湿の場所、直射日光の当たる場所、温度変化の激しい場所での保管は、
化粧品そのものが劣化しやすくなってしまいますので避けてください。

また、開封後は、蓋はキチンと閉める、清潔な手で使用する、
一度出した化粧品を容器に戻さない等をご注意いただき、
そのまま早めに使いきるようにお願いいたします。







クリア・ピールジェルの紹介ページはこちらをご覧ください。⇒   クリア・ピールジェルご紹介ページ
▼      ▼      ▼      ▼      ▼





 お買物ガイド
(お支払・お届け・
返品交換その他)
 ご注文の手順
 特定商取引法表示

買物カゴの中
【会員用】
買物カゴの中





 モルトリーチェ
のブログはこちら

 現品お試しセット
のご案内

 スキンケア商品
セット割引のご案内




 会員登録ご案内
&お手続きはこちら




 会社概要
 開発コンセプト
 商品特長
 商品設計
 肌機能とモルト
 商品のご紹介
 クレンジング
 洗顔フォーム
 化粧水
 乳液
 美容液
 お得なセット
 現品お試し
 ご使用方法




 商品特長・設計
 商品のご紹介
 お得なセット
 現品お試し




 肌にやさしい
日焼け止め
 マイルドな
ピーリングジェル
 ハイドロキノン
安定化配合C




 肌乾燥を防ぐ
ための保湿対策
 紫外線の悪影響
とその対策
 しみ・そばかす
を防ぐ美白対策
 しわの原因と
その対策




 美容・肌トラブル
の疑問はこちら

 化粧品・商品
の疑問はこちら



 トップページ  会社概要  ご利用規約  プライバシーポリシー
 お買物ガイド
(お支払・お届け・返品交換その他)
 特定商取引法表示  お問合せはこちら
Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.