ネオ ・ ボーテ 化粧品 植物エキスのご紹介




ネオ・ボーテ 化粧品では、トータル17種類の植物エキスを配合しています。

肌の状態を整え、肌健康を維持するために、厳選した植物エキスです。

それぞれの植物エキスのはたらきに加え、相乗効果により、肌を健やかに保ちます。

なお、これらの植物エキスの他に、化粧品ベース成分も植物由来成分を使用しています。

ネオ・ボーテ化粧品に配合されている植物エキスは以下のとおりです。




ネオ・ボーテ化粧品に配合の植物エキスのご紹介

ネオ・ボーテ 化粧品配合の植物エキス一覧および一般的に言われている作用は以下の通りです。

カミツレエキス

精油成分のアズレンを含む。発汗作用があり欧州では風邪の際に飲用の習慣あり。入浴剤にも使用。
化粧品には、保湿効果、消炎、収れん、血行促進等を期待して使用される。
また、色素沈着を抑える作用も報告されている。

セージエキス

別名サルビア。民間薬として、強壮、防腐、血行促進、消炎などに利用される。
化粧品には、抗菌作用、収れん作用、血行促進作用、抗炎症作用などが期待され使用される。

ボタンエキス

漢方では、鎮痛、鎮静、消炎、通経、排膿などに使用される。
化粧品には消炎目的に使用されるが、フリーラジカル消去作用もあるとされ、
紫外線による光老化の予防も期待される。

バラエキス

民間薬として、貧血や過労、呼吸器疾患、下痢、さらには眼炎の治療、うがい薬などに使用されてきた。
化粧品に配合すると、抗炎症作用、収れん作用、鎮静作用が期待される。
また、気持を落ち着かせる上品で柔らかな香りをもつ。

レモン果実エキス

クエン酸、各種ビタミンを含む。特にビタミンCは多く含まれる。
収れん作用、保湿作用、細胞賦活作用があり、皮脂分泌を調節し、肌を引き締めてくれる効果あるとされる。

アルテア根エキス

欧州では、うがい薬に利用されてきた。
化粧品には、皮膚柔軟作用、刺激緩和作用、保湿作用、消炎作用、収れん作用が期待され使用される。

オランダカラシエキス

クレソンとも呼ばれる。カルシウムを多く含む。
血行促進作用、細胞賦活作用から肌の改善を期待され化粧品に配合される。

チャエキス

茶カテキン、カフェイン、タンニン、アミノ酸、ビタミンCなどが含まれる。
抗酸化、収れん、殺菌、消臭、抗炎症作用が期待できる。
また、フリーラジカル消去作用により、紫外線によるダメージや老化の防止も期待される。

アルニカ花エキス

欧州では民間薬として、打ち身、捻挫などの外用薬や、のど炎症時のうがい薬などに広く用いられてきた。
化粧品には、抗炎症、血行促進などのはたらきを期待して使用される。

ゴボウエキス

漢方では、その解毒・消炎・排膿作用から皮膚病に使用されてきた。
化粧品には、保湿作用、血行促進作用、発汗作用、脱毛予防などが期待され使用される。

甘草エキス

古くから各地で、刺激緩和、解毒の目的で使用されてきた。
グリチルリチンを含み、抗アレルギー、抗炎症作用があるとされる。
優れた刺激緩和、消炎作用を期待して化粧品に使用される。
また、グラブリジンが含まれ、これは高い美白効果があることが報告されている。

サボンソウエキス

天然の界面活性剤と言えるサポニンを含み、泡立てて洗浄剤としても利用されてきた。
化粧品に使用すると、毛穴の汚れなどをおだやかに取り除く浄化作用があり、
皮膚を清潔に保つはたらきが期待される。

ゲンチアナエキス

苦味剤として健胃薬に利用され、食欲を増進させ消化を助ける。
化粧品には、消炎作用、細胞賦活作用、発毛促進作用などが期待され使用される。
また、SOD様作用で活性酸素を抑制し、老化を防ぐ作用も期待される。

セイヨウキズタエキス

民間薬としては、鎮痛、うつ血除去などに外用薬として利用されてきた。
サポニン、フラボノイド、有機酸などを含み、化粧品には、洗浄作用、抗炎症作用が期待され使用される。
特に、ニキビ・脂性肌用化粧品に使用されることが多い。

フユボダイジュエキス

古くから、リュウマチ、腰痛、痛風、捻挫、打ち身などのケアに使用されてきた。
化粧品には、保湿作用、収れん作用、血行促進作用などが期待され使用される。

シロガラシ種子エキス

ナノカプセル化された成分です。

※ナノカプセル化成分の項目をご覧ください。  ナノカプセル化成分ご紹介ページはこちら

キナエキス

ナノカプセル化された成分です。

※ナノカプセル化成分の項目をご覧ください。  ナノカプセル化成分ご紹介ページはこちら




Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.