日焼け止め化粧品の選択について

 

日焼け止め用化粧品は様々な商品が販売されています。

そして、日焼け止め効果を表すひとつの指標として、こういった化粧品にはSPFや PAが表示されています。

このSPFやPAは、もちろんその値が高ければ高いほど、日焼け止め効果が高いと いうことになります。

しかし、その数値だけに目を奪われて日焼け止め用化粧品を選んでしまうと、逆に肌 にはマイナスとなることもあります。

SPFやPAについてよく理解し、ご自分に合った日焼け止め化粧品を選ぶことが大 切です。


 関連ページのご案内
太陽光や紫外線(UVAやUVB)についてご案内しています
【特集記事】紫外線の悪影響と対策




SPFはUVBに対する防止効果


SPFは、紫外線の中でもUVBの防止効果を表しています。

SPFは、「SPF15」「SPF30」などの数値が記載されていますが、数値が大き い方がUVBの防止効果は高くなります。

日本化粧品工業連合会がその測定方法の基準を定めています。

SPFの表示の上限は50+となっています。SPF測定値が50を大きく超える場合で も表示は50+となります。

これは、SPF50程度であれば、紫外線の強い環境においてもUVB防止効果はある と考えらること。

また、測定方法にも限界がありSPF50以上についてはデータの信用性の問題もあり ますので、このように上限が設定されています。




このSPFの数値は、紫外線を浴びた際に、皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何 倍長くできるかということを表しています。

つまり、UVBによるサンバーン(日焼けによる炎症)を防ぐ効果を数値化したもの です。

例えば、20分で赤い斑点ができる人であれば・・・

SPF30の日焼け止めを使用すると、20分の30倍、つまり600分(10時間)の日焼 け防止効果があるということになります。

ただし、これはあくまで、ある特定の条件のもとで測定された数値です。

実際には個人差や、使用方法や使用環境の違いがありますし、数値そのものにもメー カー間で誤差があるとも言われます。

単純に○○時間日焼け止め効果があると考えるのは危険です。

実際のところ、SPFが10以上になってくると、日焼け止め効果が10倍になるかとい うと、そうでもないようです。

SPF20以上になってくると、日焼け止め効果には数値で表されるほどの大きな差は 無いという考え方もあるようです。



PAはUVAに対する防止効果


PAは、紫外線の中でもUVAの防止効果を表しています。

PAは、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA+++」の4段階で表わしま すが、「+」が多いほどUVAの防止効果は高くなります。

SPFがUVBに対する防止効果を表すのに対して、PAはUVAに対する防止効果 を表しています。

ですから、PAは皮膚の黒化について測定し表示されています。

日本化粧品工業連合会がその測定法の基準を定めています。

PAはその効果を実感しにくく、長期的な悪影響を数値にすることが難しいため、S PFのように数値化されていません。

なお、PAは、日本化粧品工業連合会でその効果により、次の4段階に分けられてい ます。

 PA+ UVA防御効果がある
 PA++ UVA防御効果がかなりある
 PA+++ UVA防御効果が非常にある
 PA++++ UVA防御効果が極めて高い



紫外線防止効果と肌負担?


SPFとPAは、それぞれUVB、UVAの防止効果の指標として、日焼け止め化粧 品を選ぶ際の参考となります。

ただし、数値さえ高ければいいということではなく、使用する方の肌質、使用目的、 使用する場所などに応じて選ぶことが大切です。



日焼け止め化粧品によって紫外線を肌内部に侵入させないようにする方法としては二 つあります。

ひとつは、紫外線散乱剤を配合することで紫外線を肌表面で乱反射させる方法です。

代表的な紫外線散乱剤としては、酸化チタンや酸化亜鉛があります。



もうひとつは、紫外線吸収剤を配合することで紫外線をエネルギーに変えて放散して しまう方法です。

代表的な紫外線吸収剤には、ケイ皮酸誘導体(メトキシケイ皮酸オクチル等)、パラ アミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABA オクチル等)、ジベンゾイルメタン誘導体 (t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン等)などがあります。

しかし、最近ではこの紫外線吸収剤の肌への悪影響について指摘する声もあります。

そして、紫外線防止効果が高い化粧品には、この紫外線吸収剤が使用されている場合 があります。

必要以上に紫外線防止効果の高い化粧品を選ぶのは避けた方が良いと思われます。



使用目的や生活シーンで使い分けを!


SPFやPAの高い日焼け止め化粧品は、紫外線に対する防止効果は高い反面、肌へ の負担も大きい可能性もあります。

紫外線防止効果の数値の高さだけで日焼け止め化粧品を選ぶのではなく、使用目的や 生活シーンによる使い分けが必要です。

海水浴や炎天下でスポーツをする際は、SPFやPAの高い日焼け止め化粧品をたっ ぷり塗り、こまめに塗り直す。

日常生活やあまり日に当たらない場所では、SPFやPAがそれほど高くなくても良 いので、自分の肌に合う使い心地の良い日焼け止め化粧品を使用する。

こういった使用する場所や目的等での使い分けが望ましいでしょう。

通常の生活シーンでは、SPF20〜30の日焼け止め化粧品をおすすめします。



日本化粧品工業連合会による「生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方」 を参考にすると、日焼け止め化粧品を選ぶ際のSPFやPAの数値は以下の通りとな っています。


 日常生活(散歩・買物など)
 SPF5〜SPF20 PA+〜PA++

 屋外での軽いスポーツやレジャー
 SPF10〜SPF30 PA++〜PA+++

 炎天下でのレジャー・リゾート地でのマリンスポーツ
 SPF30〜SPF50 PA++〜PA++++

 非常に紫外線の強い場所や紫外線に特に過敏な人
 SPF50+ PA++++




大切なのはむしろその使用方法


SPFとPAの測定値は、日焼け止め化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ 皮膚に塗り、日焼けするまでの時間をもとにしています。

1平方センチメートル当たり2mgずつの量を塗ろうとすると、肌が白っぽくなります ので、実際にはもっと薄く塗ってしまいがちです。

十分な紫外線防止効果を得るためには、日焼け止め化粧品はあまり薄く伸ばし過ぎ ず、ムラなくたっぷりと塗ることが大切です。

それから、SPFやPAの数値というのは、日焼けするまでの時間を表しています。

夏の暑い日などは汗で日焼け止めが落ちてしまうこともありますし、こまめに日焼け 止めを塗り直すことも必要です。

また、紫外線の中でもUVAは窓ガラスを透過し室内にも届きます。

夏場は在宅時であっても日焼け止め化粧品の使用をおすすめします。



肌にやさしい「UVカット・ミルク」


「UVカット・ミルク」は、紫外線防止効果と肌へのやさしさのバランスを考えた日焼 け止め用乳液です。

様々な使用目的や生活シーンにおいて広範囲にご使用できますよう、SPF30、P A++となっております。

紫外線吸収剤は不使用です。鉱物油、着色料、香料も使用しておりません。

ナノ粒子酸化チタンにより紫外線を効率良く乱反射させますので、使用感に優れ、や さしく肌を守ります。

また、アンチロイキン6をはじめとした各種美容成分により、肌の潤いを保ち、紫外 線によるダメージを抑制するよう配慮されています。

肌の表面で紫外線を防ぐとともに、潤いケアにより健やかな肌を保つ、肌にやさしい 日焼け止め乳液です。




「UVカット・ミルク」の詳細ご案内はこちら
 紫外線の肌に与える悪影響や美白対策などについて、以下のページもご覧くだ さい。
【特集記事】紫外線の悪影響と対策
【特集記事】シミソバカスを防ぐ美白対策





(C) 2003 MOLTOLICE LLC