メラニンは、基底細胞の中のメラノサイトという細胞において、チロシナーゼ酵素のはたらきによ り、チロシンというアミノ酸を原料として生成されます。

そして、その後他の細胞へと受け渡されていきます。

桑の根の皮から抽出した成分ソウハクヒエキスには、フラボノイドという有効成分が豊富に含まれ ています。

フラボノイドは、チロシナーゼの活性を阻害する作用が強く、これにより、メラニン生成を抑制す る効果あると言われます。

また、ソウハクヒエキスには、保湿作用や抗炎症、抗アレルギーといった作用もあり、日焼けして かさついた肌の手入れに有用で、紫外線による肌ダメージをやわらげてくれます。

ちなみに、カイコが白いマユを作るのは桑の葉を食べるためともいわれます。




(C) 2003 MOLTOLICE LLC