モルトリーチェ化粧品 商品別の配合植物エキス

モルトリーチェ化粧品は、18種類の植物エキス、5種類のフルーツ酸AHA、3種 類の植物精油、合計26種類もの植物成分を独自の組み合わせで配合しています。

当ページでは、各商品別の配合植物エキスにつきましてご紹介しています。


クレンジングクリームに配合の植物エキス
ウォッシングフォームに配合の植物エキス
スキンローションに配合の植物エキス
ミルクローションに配合の植物エキス
モイスチュアライザーに配合の植物エキス






クレンジングクリームには9種類の植物エキスを配合しています。


クレンジングクリームには3種類の植物精油を配合しています。

※各植物エキスの補足説明は一般的に言われている作用です。


アルテアエキス

主な配合目的:皮膚柔軟・保湿
その他、刺激緩和・消炎・収れん作用などが期待される。
アルテアは、ヨーロッパでは胃炎薬・うがい薬に利用されてきた。


アルニカエキス

主な配合目的:血行促進・抗炎症・保湿
アルプスでは、古来より傷・打身に効用ある薬草として利用されてきた。


オトギリソウエキス

主な配合目的:収れん・保湿
その他、抗炎症・日焼け予防効果が期待される。
オトギリソウは、古来より切り傷に用いられた。


カミツレエキス

主な配合目的:抗炎症・保湿
収れん・血行促進・色素沈着防止などもあるとされる。
カミツレは、ヨーロッパでは古くから風邪・鎮痛・胃薬に利用される。


スギナエキス

主な配合目的:整肌・保湿
皮膚代謝促進・収れん・抗炎症作用も期待される。
スギナの茎は解熱鎮痛日本ではツクシとして食用に供す。


セイヨウキズタエキス

主な配合目的:収れん・保湿
洗浄・抗炎症・抗菌作用などもあるとされる。
セイヨウキズタは、ヨーロッパでは鎮痛薬としても利用されてきた。


セイヨウノコギリソウエキス

主な配合目的:抗炎症・保湿
消炎・SOD様作用(抗酸化)などもあると言われる。
セイヨウノコギリソウは、健胃・強壮・抗炎症・傷の治療などにも利用された。


セージエキス

主な配合目的:抗菌・保湿
抗菌、抗炎症・収れん・血行促進。
セージ(別名サルビア)は、肉のくさみ消、強壮・消炎などに利用されてきた。


トウキンセンカエキス

主な配合目的:整肌・保湿
清浄・抗炎症作用などもあるとされる。
トウキンセンカ(マリーゴールド)は、外傷や湿疹の治療にも利用されてきた。



植物精油につきまして以下のページをご覧ください。







ウォッシングフォームには10種類の植物エキスを配合しています。


ウォッシングフォームには3種類の植物精油を配合しています。

※各植物エキスの補足説明は一般的に言われている作用です。


グリチルリチン酸ジカリウム

主な配合目的:抗炎症
甘草から抽出した成分で優れた抗炎症作用、抗アレルギー作用がある。
皮膚炎に効果的だが刺激は緩和で副作用が少ないとされる。


アルテアエキス

主な配合目的:皮膚柔軟・保湿
その他、刺激緩和・消炎・収れん作用などが期待される。
アルテアは、ヨーロッパでは胃炎薬・うがい薬に利用されてきた。


アルニカエキス

主な配合目的:血行促進・抗炎症・保湿
アルプスでは、古来より傷・打身に効用ある薬草として利用されてきた。


オトギリソウエキス

主な配合目的:収れん・保湿
その他、抗炎症・日焼け予防効果が期待される。
オトギリソウは、古来より切り傷に用いられた。


カミツレエキス

主な配合目的:抗炎症・保湿
収れん・血行促進・色素沈着防止などもあるとされる。
カミツレは、ヨーロッパでは古くから風邪・鎮痛・胃薬に利用される。


スギナエキス

主な配合目的:整肌・保湿
皮膚代謝促進・収れん・抗炎症作用も期待される。
スギナの茎は解熱鎮痛日本ではツクシとして食用に供す。


セイヨウキズタエキス

主な配合目的:収れん・保湿
洗浄・抗炎症・抗菌作用などもあるとされる。
セイヨウキズタは、ヨーロッパでは鎮痛薬としても利用されてきた。


セイヨウノコギリソウエキス

主な配合目的:抗炎症・保湿
消炎・SOD様作用(抗酸化)などもあると言われる。
セイヨウノコギリソウは、健胃・強壮・抗炎症・傷の治療などにも利用された。


セージエキス

主な配合目的:抗菌・保湿
抗炎症・収れん・血行促進などの作用も期待される。
セージ(別名サルビア)は、肉のくさみ消、強壮・消炎などに利用されてきた。


トウキンセンカエキス

主な配合目的:整肌・保湿
清浄・抗炎症作用などもあるとされる。
トウキンセンカ(マリーゴールド)は、外傷や湿疹の治療にも利用されてきた。



植物精油につきまして以下のページをご覧ください。







スキンローションには9種類の植物エキスを配合しています。


スキンローションには5種類のフルーツ酸を配合しています。


スキンローションには3種類の植物精油を配合しています。

※各植物エキスの補足説明は一般的に言われている作用です。


カミツレエキス

主な配合目的:抗炎症・保湿
収れん・血行促進・色素沈着防止などの作用もあるとされる。
カミツレは、ヨーロッパでは古くから風邪・鎮痛・胃薬に利用される。


クララエキス

主な配合目的:保湿・抗菌
美白・日焼け予防・血行促進・収れん作用などもあるとされる。
クララは、漢方では抗菌・胃薬・解熱・解毒・鎮痛に用いられる。


シラカバ樹皮エキス

主な配合目的:保湿・抗炎症・抗菌
皮膚柔軟・保護・収れん・血行促進作用もあるとされる。
ヨーロッパでは民間薬として利尿・風邪・傷消毒・皮膚病に利用。


グリチルリチン酸ジカリウム

主な配合目的:抗炎症
甘草抽出成分。古くから生薬として刺激緩和、抗炎症剤として使われている。
皮膚炎に効果的だが刺激は緩和で副作用が少ないとされる。


ゼニアオイエキス

主な配合目的:保湿・抗炎症
湿潤滑性作用・代謝促進・かゆみ防止・ニキビ防止なども期待される。
ゼニアオイは、鎮痛剤・利尿剤・緩和剤などにも利用されてきた。


ローズマリーエキス

主な配合目的:保湿・抗アレルギー
ローズマリーの別名はマンネンロウ。
血行促進・抗酸化・皮膚トリートメント作用などもあると言われる。



フルーツ酸につきまして以下のページをご覧ください。




植物精油につきまして以下のページをご覧ください。







ミルクローションには6種類の植物エキスを配合しています。


ミルクローションには3種類の植物精油を配合しています。

※各植物エキスの補足説明は一般的に言われている作用です。


カミツレエキス

主な配合目的:抗炎症・保湿
収れん・血行促進・色素沈着防止などの作用もあるとされる。
カミツレは、ヨーロッパでは古くから風邪・鎮痛・胃薬に利用される。


クララエキス

主な配合目的:保湿・抗菌
美白・日焼け予防・血行促進・収れん作用などもあるとされる。
クララは、漢方では抗菌・胃薬・解熱・解毒・鎮痛に用いられる。


シラカバ樹皮エキス

主な配合目的:保湿・抗炎症・抗菌
皮膚柔軟・保護・収れん・血行促進作用もあるとされる。
ヨーロッパでは民間薬として利尿・風邪・傷消毒・皮膚病に利用。


グリチルリチン酸ジカリウム

主な配合目的:抗炎症
甘草抽出成分。古くから生薬として刺激緩和、抗炎症剤として使われている。
皮膚炎に効果的だが刺激は緩和で副作用が少ないとされる。


ゼニアオイエキス

主な配合目的:保湿・抗炎症
湿潤滑性作用・代謝促進・かゆみ防止・ニキビ防止なども期待される。
ゼニアオイは、鎮痛剤・利尿剤・緩和剤などにも利用されてきた。


ローズマリーエキス

主な配合目的:保湿・抗アレルギー
ローズマリーの別名はマンネンロウ。
血行促進・抗酸化・皮膚トリートメント作用などもあると言われる。



植物精油につきまして以下のページをご覧ください。







モイスチュアライザーには、5種類の植物エキスを配合しています。


モイスチュアライザーには5種類のフルーツ酸を配合しています。


モイスチュアライザーには3種類の植物精油を配合しています。

※各植物エキスの補足説明は一般的に言われている作用です。


エイジツエキス

主な配合目的:保湿・収れん
ノイバラの果実から抽出。
日干しにしたものはエイジツ(営実)と呼ばれる。
古くから、おでき、はれものなどに効果あると言われてきた。
エイジツエキスにはフラボノイドを含み、美白・SOD様作用(抗酸化)があると言わ れる。


クララエキス

主な配合目的:保湿・抗菌
クララの根から抽出。
根の外皮を除き乾燥させたものをクジン(苦参)と言う。
漢方では抗菌・胃薬・解熱・解毒・鎮痛に用いられてきた。
美白・日焼け予防・血行促進・収れんなどの作用も期待され化粧品に使用される。


トウキエキス

主な配合目的:保湿・血行促進・抗炎症
トウキはセリ科の多年生草木で、薬用目的に栽培される。
トウキの根を湯通した後乾燥させたものを当婦と言う。
古くから漢方として、浄血・鎮静・強壮や婦人病の諸症状に使用されてきた。
化粧品への使用は、保湿・血流促進・抗炎症・鎮痛作用などが期待される。


ソウハクヒエキス

主な配合目的:保湿・抗炎症
桑の根の皮を乾燥させたものから抽出。
美白作用(メラニン抑制)もあると言われる。
漢方では高血圧予防・疲労回復・強壮に利用されてきた。

※ソウハクヒエキスにはフラボノイドという有効成分が豊富に含まれます。フラボノ イドは、チロシナーゼの活性を阻害する効果が強く、このはたらきによりメラニンの 生成を抑制する作用があると言われる。

また、保湿、抗炎症、抗アレルギーといった作用もあり、日焼けしてかさついた肌の 手入れに有用で、紫外線などによる肌ダメージを抑制してくれる。


シャクヤクエキス

主な配合目的:保湿・抗炎症
シャクヤクの根から抽出。
古くから、冷え症・月経不順など婦人病に使用されてきた。
化粧品への配合は、抗アレルギー作用、血行促進作用、美白作用なども期待される。



フルーツ酸につきまして以下のページをご覧ください。




植物精油につきまして以下のページをご覧ください。





(C) 2003 MOLTOLICE LLC