UVカット・ベース 主な配合成分と全成分表示

当ページは、「UVカット・ベース」の主要配合成分のご 説明および全成分表示(ページ最下部)のページです。


主な配合成分と全成分表示


アンチロイキン6

アンチロイキン6(成分名:ラミナリアオクロロイカエキス)は、フランス のブルターニュ地方の海藻ラミナリアオクロロイカから抽出されたエキスで す。

ラミナリアオクロロイカは、褐藻類の一種で、夏に特別な黄色い色をしてい るために「黄金海草」と呼ばれます。

潮の干満にあわせての浸水と露出、強い太陽光、乾燥、激しい温度変化とい った過酷な環境に適応しながら生息するラミナリアオクロロイカには、紫外 線ストレスに対する保護機能が凝縮されています。

このラミナリアオクロロイカから抽出したアンチロイキン6は、ビタミン A・E、トリアシルグリセロール、ホスファチジルコリンそしてα-リポ酸を多 く含みます。

紫外線による炎症を防止するとともに、紫外線のダメージから表皮細胞の DNAの損傷を抑制し、免疫細胞を保護するはたらきがあると言われます。

さらに、角質層の層構造を修復しバリア機能を強化する作用があるとされま す。



シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲというキノコから抽出したエキス。

シロキクラゲは、主に日本や中国で食用とされてきました。特に中国ではデ ザートとして食されるとともに、不老長寿の薬としても珍重されてきまし た。

シロキクラゲ多糖体は高分子の酸性複合多糖体で適度な粘性があり、類似の 酸性多糖のヒアルロン酸同様に高い水分保持機能を有します。その水分保持 機能はヒアルロン酸を上回るという実験データもあります。

また、ヒアルロン酸よりも使用時のベタツキが少なく、使用後のツッパリ感 も抑えられ、良好な使用感が得られます。

こういった特性から、肌水分の維持、それに伴う肌バリア機能の維持に有用 とされます。化粧品に配合することで、肌荒れを防ぐとともに、しっとりや わらかな肌状態を保つことが期待されます。



リョクトウ成長点細胞培養エキス

リョクトウ(緑豆)の成長点細胞の培養物のエキス。

肌細胞の損傷を防いだり、強化するはたらきがあるとされ、紫外線から肌を 保護し紫外線による肌ダメージを軽減することが期待されます。



ヒメフウロエキス

ヒメフウロ(別名:シオヤキソウ)の全草から得たエキス。

紫外線による肌の炎症や老化に深く関わっている酵素「トリプターゼ」の働 きを阻害することで、紫外線による肌ダメージを抑え、シワなどの肌の老化 現象の発生を予防することが期待されます。



アロエフェロックス葉エキス

ケープアロエの葉から抽出される植物エキスで、メラニンの生成抑制作用 (チロシナーゼ活性阻害)や紫外線防御作用があるとされます。

また、保湿効果にも優れ、透き通るような潤いに満ちた肌を保つことが期待 されます。

抗炎症作用、皮膚の損傷をケアする作用などからも、日焼け止め用化粧品に たいへん適した成分です。



グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草から抽出した成分で、優れた抗炎症作 用、抗アレルギー作用があるとされます。

甘草という字の如く甘味成分を含み、砂糖の50倍の甘さを持つと言われま す。昔から生薬として刺激緩和、抗炎症剤として使われてきました。



ビタミンE

皮膚の保護作用、血行促進作用とともに、抗酸化作用にも優れています。

抗酸化作用により、老化の原因といわれる活性酸素を消去したり、紫外線に よる肌成分の酸化をさまたげたり、肌の老化防止作用が期待されます。



ノバラ油(カニナバラ果実油)

バラ科のカニナバラの果実から得た精油で、ローズヒップとも言われます。 肌のキメを整え乾燥から守る作用があるとされます。

また、抗菌・消炎効果もあり肌を健やかに保ちます。バラの香りによる癒し 効果も期待されます。




◆水
◆トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
◆スクワラン
◆BG
◆グリセリン
◆酸化チタン
◆PEG-30水添ヒマシ油
◆べへニルアルコール
◆ラウロイルサルコシンイソプロピル
◆グリチルリチン酸2K
◆シロキクラゲ多糖体
◆ラミナリアオクロロイカエキス
◆アロエフェロックス葉エキス
◆ヒメフウロエキス
◆リョクトウ成長点細胞培養エキス
◆アクリル酸アルキルコポリマー
◆ステアリン酸
◆水酸化AI
◆ステアリン酸ソルビタン
◆1,2-ヘキサンジオール
◆水添レシチン
◆ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル
◆ポリヒドロキシステアリン酸
◆トコフェロール
◆ステアロイルメチルタウリンNa
◆トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2
◆酸化鉄
◆キサンタンガム
◆エチルヘキシルグリセリン
◆フェノキシエタノール
◆カニナバラ果実油







(C) 2003 MOLTOLICE LLC