当ページは肌にやさしい日焼止め乳液「UVカット・ミルク」の
主要配合成分のご説明および全成分表示(ページ最下部)のページです。



紫外線の攻撃から肌細胞を守る!アンチロイキン6

アンチロイキン6は、フランスのブルターニュ地方の海藻
ラミナリアオクロロイカから抽出されたエキスです。

ラミナリアオクロロイカは、褐藻類の一種で、
夏に特別な黄色い色をしているために「黄金海草」と呼ばれます。

潮の干満にあわせての浸水と露出、強い太陽光、乾燥、激しい温度変化といった
過酷な環境に適応しながら生息するラミナリアオクロロイカには、
紫外線ストレスに対する保護機能が凝縮されています。

このラミナリアオクロロイカから抽出したアンチロイキン6は、
ビタミンA・E、トリアシルグリセロール、ホスファチジルコリンそしてα-リポ酸を多く含みます。

紫外線による炎症を防止するとともに、
紫外線のダメージから表皮細胞のDNAの損傷を抑制し、免疫細胞を保護します。
さらに、角質層の層構造を修復しバリア機能を強化する働きがあります。

加水分解コメエキス

国産の精白米から抽出した米固有タンパク成分です。
紫外線によってダメージを受けた肌細胞の回復をサポートします。

抗酸化作用、肌細胞活性化作用により、紫外線による肌ダメージをケアするとともに、
保湿効果にも優れ、なめらかでしっとりとした肌へ整えます。

アロエフェロックス葉エキス

ケープアロエの葉から抽出される植物エキスで、
メラニンの生成抑制作用(チロシナーゼ活性阻害)や紫外線防御作用があります。

また、保湿効果にも優れ、潤いに満ちた透明感のある肌を保ちます。

抗炎症作用、皮膚の損傷をケアする作用などからも、
日焼け止め用化粧品にたいへん適した成分です。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草から抽出した成分で、
優れた抗炎症作用、抗アレルギー作用があるといわれています。
字の如く甘味成分で砂糖の50倍の甘さを持っています。
昔から生薬として刺激緩和、抗炎症剤として使われてきました。

ビタミンE

皮膚の保護作用、血行促進作用とともに、
抗酸化作用に優れ、老化の原因といわれる活性酸素を消去したり、
過酸化脂質の発生を抑制する作用があります。
紫外線による肌成分の酸化をさまたげ、肌の老化を防ぎます。


【UVカット・ミルク 全成分表示】
◆水◆シクロペンタシロキサン◆酸化亜鉛◆酸化チタン◆BG◆PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
◆PEG-10ジメチコン◆ラミナリアオクロロイカエキス◆加水分解コメエキス◆アロエフェロックス葉エキス
◆グリチルリチン酸2K◆トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン
◆イソステアリン酸◆ジステアルジモニウムヘクトライト◆トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
◆塩化Na◆トコフェロール◆(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー◆エタノール
◆フェノキシエタノール◆メチルパラベン




Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.