当ページは安定化ハイドロキノン配合「ホワイト・セラムHQ」の
主要配合成分のご説明および全成分表示(ページ最下部)のページです。



ハイドロキノン

メラノサイトにおけるチロシナーゼ酵素の活性を阻害し、メラニン色素の生成を抑えます。
また、できてしまったメラニン色素を還元する作用があります。
(詳細は商品のご案内ページをご覧ください)

カンゾウ根エキス

甘草の根および根茎から得たエキス。
グリチルリチンを含み、抗アレルギー、抗炎症作用、
刺激緩和、消炎作用により化粧品に用いられる。

またカンゾウに含まれるグラブリジンにも美白効果のあることが見出されています。

酢酸トコフェロール

ビタミンEの誘導体。
血行促進作用により、肌荒れ、日焼けによるシミやソバカスを防ぎます。

アスコルビン酸

アスコルビン酸はビタミCのことです。
強い抗酸化作用があり、メラニンの生成を阻害するとともに、
酸化により生成されたメラニンを還元する作用などから美白化粧品に使われます。
また、コラーゲン生成や皮膚細胞活性化にも効果的とされます。

ホワイト・セラムHQでは、ハイドロキノンの効果を発揮するために
レチノール(ビタミンA)とアスコルビン酸(ビタミンC)を配合しました。
ハイドロキノンの効果をより発揮させるには、
ビタミンA・ビタミンCとの併用が有効とされるためです。

パルミチン酸レチノール

レチノール(ビタミンA)の誘導体で、
レチノール(ビタミンA)を安定化させより浸透しやすくしたものです。
皮膚の保護作用、表皮新陳代謝促進作用、真皮細胞の活性化作用などがあり、
加齢によるシワやたるみ対策に、エイジングケア化粧品などに配合されます。

また、にきびの治療のため医薬品に用いられることもあり、
化粧品においてもにきび予防目的で配合されることもあります。

ホワイト・セラムHQでは、レチノールのこういった作用により肌老化を防ぐとともに、
ハイドロキノンの効果を十分に発揮する目的で配合しています。
ハイドロキノンの効果を発揮するためには、
ビタミンA・ビタミンCとの併用が有効といわれます。


【ホワイト・セラムHQ 全成分表示】
◆水◆BG◆トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル◆サフラワー油◆ステアリン酸PEG-40
◆ステアリン酸グリセリル◆ジメチコン◆セテアリルアルコール◆ハイドロキノン◆セタノール
◆ステアリルアルコール◆ポリソルベート60◆カンゾウ根エキス◆酢酸トコフェロール
◆パルミチン酸レチノール◆リノール酸◆ピロ亜硫酸Na◆アスコルビン酸
◆ジステアリン酸PEG-12グリセリル◆ステアリン酸PEG-100◆デヒドロ酢酸◆ベンジルアルコール
◆(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー◆プロビルパラベン◆メチルパラベン




Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.