正しいマッサージの方法について


肌の血行が悪くなると、肌機能が低下しがちです。

シワ・たるみ・くすみといった老化現象が現れないよう、
日々のお手入れを規則正しく行う必要があります。

マッサージによって血液(毛細血管)の流れを良くし、
肌細胞の活性化や再生(ターンオーバー)が
スムーズに行われる環境作りを心がけましょう。




マッサージの注意点

マッサージ用のクリームは使用量に注意しましょう(クレンジングも同様)。
量が少ないと、肌をこすることになってしまい、
肌への刺激となってトラブルの原因となります。

マッサージは指先ではなく、指の「腹」部分か手のひら全体を使い、
筋肉の流れに沿って正しく行ないましょう。

 マッサージの方法については、下の図をご参照ください。

マッサージは毎日行います。
ただし、長時間のマッサージは、肌に対して刺激となりますのでさけてください。
3分〜5分で十分です。

ニキビや吹出物が化膿している時、
日焼け後、肌にほてりがある時などは、マッサージは控えてください。

ツメなどで肌を傷つけないように注意してください。



マッサージの手順・方法について



クレンジングクリームを顔全体に伸ばし、
額中央から額の両端に向けて、
額を引き上げるようにらせんを描きながらマッサージします。

最後にこめかみを抑えると疲れがとれやすくなります。 


目のまわりはデリケートな部分です。
眼頭神経を抑え、やさしく円を描くように指をすべらせます。

最後にまぶたの下を目頭から目尻の方向に指を滑らせて、
こめかみを抑えます。


鼻筋は上から下へ、鼻の側面は上下に往復します。

小鼻は、小鼻のまわりを下から上へ往復します。


口のまわりは半円を描くように下から上へ往復します。


頬は指全体を使ってらせんを描くようにマッサージし、
最後にこめかみを抑えます。


顔の中心から外に向かって、
手のひら全体で軽く圧迫しながら、やさしく伸ばします。




モルトリーチェでは、ブログ「MOLTOLICE ダイアリー」におきましても、
美容・商品・企画その他情報をご案内しています。

マッサージの目的や重要性については、
以下のブログ記事でご案内していますので、是非ご覧ください。

 顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿






Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.